うつ病が消える究極のカウンセリング

引き続き、佐藤先生の「うつ病は90日で90%治る」より、詳細を見ていきます。

 

今日はお腹が痛いから学校を休むと子どもが言ったとします。

 

親はお腹の具合を心配します。

 

しかし、本当は、学校に行きたくない精神的な理由があるかもしれないのです。

 

その子どもが、行きたくない理由を認識しているかどうかは分かりませんが、ストレスが本当にお腹を痛くさせていることはあるわけです。

 

これは、人間の心の内が原因となって、結果が表れる分かりやすい例でしょう。

 

また、こういう例もあります。

 

病気がちな子どもは、親の手がかかります。

 

病気になったら、親が何かと世話を焼いてくれ、付き添ってくれるのが嬉しくて、愛情を獲得できると考えると、現実に症状が現れてきます。

 

子ども自身はそのような意識をしていなくても、深層心理から現れる場合があります。

 

ストレスが、病気や症状に表れるということは一般的にもよく知られていることです。

 

がんになった人に、「何か、がんになったと思い当たることありますか?」と尋ねると、

ほとんどの人が「分かります」と言うのです。

 

「がんになった原因が分かります」と。

 

これは驚くべきことです。

続きはまた明日。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。