うつ病が消える究極のカウンセリング

佐藤先生の「うつ病は90日で90%治る」より、詳細を見ていきます。

 

第一線で治療にあたっている医師は、日々、待ったなしに患者と向き合っています。

 

命の予断を許さない患者の場合は、心理的にも相当の負担を背負っています。

 

しかしながら、西洋医学の現実は、時として、無力感を覚え、限界を感じるということもあるということです。

 

人の命を救うという志が高ければ高い医師ほど、非力を感じ無念でしょう。

 

これらは、人の体を分離して、物質的に捉えているということが大いに起因していると考えられます。

 

物質として捉えた場合には、打つ手は限られてしまうからです。

 

物質を細分化すればするほど、その範囲は狭くもなってきます。

 

人は肉体だけでできているのではないわけです。

 

心、精神の部分が厳然としてあるのです。

 

体を細分化し、精神の部分を省みなければ、全体像を捉えることはできません。

 

ここに、現代医療の限界を超えるヒントがないでしょうか。

 

今、倒れたというような緊急医療の場合では、西洋医学の右に出る者はありません。

 

その場合、一刻の猶予も許されず処置をしていかなければならないのです。

 

体質改善などと悠長なことは言っていられません。

 

急性の症状に対しては、西洋医学は非常に有効なのです。

 

また明日です。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。