うつ病が消える究極のカウンセリング

 

心のドクター佐藤先生の最新刊「過去は自由に変えられる」~マジックミラーの法則~が出版されました。

 

9月16日発売からなんと、たったの1ヶ月あまりで、5刷決定!

 

まさにミリオンセラーの勢いなんです。

 

298. 「過去を変えると鬱は消える 1」から、佐藤先生の開発されたYSメソッドによるカウンセリングのポイントを探っています。

 

 

佐藤先生のカウンセラー養成コースでの講話です。

 

【講話】

集合的無意識の心は愛の心、愛そのものですから、それ以外は闇だと思っちゃっていいです。

 

完全に集合的無意識の心じゃなくても、集合的無意識の心に近い心があるでしょう?

 

相手は愛そのもの、無限の力がある。

 

無限の慈悲の心がある。

 

そう思って、それを「あなたは本当はこんなに優しい人なんですね。こんなに愛深き人なんですね。こんなに無限の力があったんですね」というように、相手の悩んでる時に、うまくそれをかみ合わせて、そのオウム返しをしてあげる。

 

相手は、例えば、父や母の愚痴を言ってるのに、「それだけあなたは本当にお父さんのことを愛してらっしゃるんですね」。

 

言い方を間違っちゃうと、「この人、話、聞いてないんじゃないか」と思うから。

 

これも結構難しいからね。

 

ちゃんと相手の話とかみ合わせるようにして言うんですよ。

 

相手は悪口言ってるのに、「そんだけ愛してらっしゃるんですね」と言ったら、ちょっと聞き方を間違っちゃうと、「なんか聞いてないんじゃないか」と思われるでしょう?

 

「ああ、そうですか。そんなにお父さんはあなたのこと、殴ったり、けったりしたんですね。あなたのことをそれだけ心配だったんでしょうね」というふうに返す。

 

そうしたら、「聞いてないんじゃないか」というふうに思わないでしょう?

 

だから、聞いてるんだけど、それを全部愛に変えちゃう。

 

本人だったら、本人、感謝に変えてあげる。

 

「やっぱりそれだけあなたは感謝してらっしゃるんですね」。

 

名前を言いながら、「何々さんは感謝してらっしゃるんですね。素晴らしいですね」というように話を自然と切り替えるように持っていく。

 

そうしたら、相手はしゃべってる間に、愚痴だとか不満を言ってる。

 

だけど、だんだん、だんだん「あ、そうじゃないんだ」と思い出してくるから。

 

そうなったら、そこから相手は変わってきます。

 

相手は愚痴言って悪口言ってるのに、一緒になって「そうだ。悪いお父さん、ひどいね」なんて言ったら、「この野郎」って思ってくる。

 

そういう構造ですからね。

 

そこをそのように思ってください。

 

 

 

ここはかなり急所ですね。

 

では、また明日。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。