「開発者が語る」奇跡と感動の実録【事業・商売編】

いきなりの昇格でもリーダーシップ発揮できた

Y.M(31)大阪 物流会社勤務

「妹に勧められて先生の本を読んだ時は、頭ではっきりとはわからなかったんですけど、何かあるなとは思いました」

Mさんは、最新の心理学なども学んでいた方ですが、妹さんが受講されたのをきっかけに、これは他にはない何かがあるなと直観的に感じられたのでしょう。 Mさんが真我開発講座を受講すると、その後精神面にも現象面にも変化が現れてきました。

「今までと違って、いつも自然体というのでしょうか、落ち着いたままでいられるようになり、とても楽になりました。それに、今までは自分の中で人を選んだり、人をこうだとか決めつけていたりしたこともわかりました。

人に対して『優しくせなあかん』という義務感がありましたが、今では自分の子どもに接するみたいに人に接することができるようになりました」

さらに受講直後、所属部署の先輩が転勤になったために、彼は突然リーダーに昇格することになりました。

「いきなりリーダーになってどうなるかなと思いましたけど、話すべきことをちゃんと話したら、反発する人は一人も出てきませんでした。

みんないうことを聞いてくれます。

前だったら、『こうせなあかん』という自分の考えが強く、部下たちにはそれがきつかったようなんですけど、それがなくなりました。

『ああいうのもあってもいいんだ』と人を認めるようになったのが、部下たちがついてきてくれる原因かも知れません」

受講前

1. 「優しくしなければ」という義務感で人に接していた。
2. 「こうしなければ」という自分の考えが強かった。

受講後

1. 自分の子どもに接するように人と接するようになった。
2. 「ああいうのもあってもいい」と人を認めるようになった。
3. 突然リーダーに昇格したが、部下たちが抵抗なくついてきてくれた。

「こうしなければいけない」と自分が思うのは勝手ですが、そういう気持ちの強い人は、どうしても人にも要求してしまうことが多いのです。しかし、人はカタチにはめられるのは嫌いですから、そういう人からは離れていくものです。「こうしなければ」という観念の奥にある真我に目覚めれば、カタチがなくなり、いろんな人を認めることができ、それによって、部下たちもついてきてくれるようになったのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック