「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人生・性格編】

真我を開いていれば全てが与えられる

K.A(35)静岡 フリー

「私は自分の天職をすごく求めていたんです。今までやっていたSEの仕事が何となく苦しくなってきたし、責任も重くなってくるし…。

それなら、『辞めてから考えよう!』って思いきって会社を辞めたんです。みんなからは、『どうしてこの不景気の時期に会社を辞めちゃうの?』といわれました」

Aさんは、まさに人生の転機ともいうべきタイミングでセミナーを受けることになりました。

そして、彼女が死から自らの生を見た時、劇的にいろんな気づきを得ることができたのです。

「“全てが愛なんだ”ということを感じた時は、とにかくすごい感動!の一言でした。こういう感動って多分味わうことがないだろうなって思いました」

「セミナーの中で、具体的に職業というカタチで天職を見つけられたわけじゃないんですけど、今まで私が本当の天職を見つけられなかったのは、職業とかそういうカタチにばかりこだわっていたからだ、ということがわかりました」

彼女は受講によって、真我を大きく開くことができ、様々な変化が生活に現れてきました。

「今までは私の天職、私から見た何か…というように自分中心の発想ばかりでした。

それが今は、全体から自分を観るというように、観方が百八十度変わりました。

もし今までみたいに『天職は何?』だけでいたら、いつまでたっても自分の枠の中だけで探していたと思います。

もう今は枠がパーンと取れてしまい、天職を見つけるということすら忘れています。喜びに溢れるという原点に戻っていれば大丈夫と思っています」

「枠が取れたら、世界が一気に広がっていることを実感して驚いています。すごい出会いがどんどんあるんです。

今までと出会う人が全く変わりました。そして、自然とまわりに動かされているという感じになってきました。

仕事のオファーも多くなってきました。一度もやったことのない講演会の司会も任されました。

私が光輝いているだけで、気がついたらまわりの人から必要なものは全部与えられる、といった感じです。私は本当に生かされているんだと実感しています」

さらにAさんは、嬉しくて仕方がないという表情で、このように話してくれました。

「愛そのものからやろうと思ったことは、何の障害もなくものすごく自然な形で実現されるし、仮に思ったような形にならなくても、全て受け入れられるようになりました。

愛を出せるものは全て仕事なんだと思うようになりました。 佐藤先生が『真我は無限』とおっしゃっていますので、どのくらいすごいか、とことんまでやってみようと思っています」

さらにAさんは、お母さんについても話してくれました。

「前は何かと私のことを心配をしていたんですが、最近は心配している様子がなくなってきました。

たぶん、私が生き生きしているのを見たり、まわりの素晴らしい人たちが私を褒めてくれているのを見ているので、安心しているんでしょう」

受講前

1. 天職を求めていた。
2. 会社を辞めた。

受講後

1. 自分の枠が取れ、自分の天職を見つけるということすら忘れている。
2. 仕事のオファーが多く来る。
3. 出会いが全く変わった。
4. お母さんが心配しなくなった。

Aさんは、大変明るく前向きで、本当の天職を追求する求道者の一人です。彼女は本当の自分がわかった時、喜びに溢れ、発する波動やエネルギーが変わり、次元アップして、出会う人が変わっていった典型です。出会いが変われば入ってくる情報も変わり、情報が変われば当然動きも変わっていきます。そのように次元が上がっていくと、彼女のように考えてもいなかった世界にどんどん導かれていくのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック