「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人生・性格編】

怒りっぽい性格が一転して穏やかに

T.N(69)静岡 元刑事

Nさんは、定年で退職するまで刑事として活躍された方です。それも長年、強盗殺人を担当されていたそうです。

そんなNさんは、奥さんに強引に誘われ、しぶしぶ真我開発講座を受講されました。 しかし、講座が終わった後の大変化は目を見張るものがありました。周囲の人たちも、Nさんの変わり様には驚きました。 奥さんが、Nさんの変化について話してくれました。

「主人は、それまでは、愚痴っぽいし、マイナス思考だし、怒りっぽいし、それに私の監視ばかりしていました。いつも、『バカヤロー!』とか、『ダメじゃないか!』とか、そういう怒ったようなもののいい方ばかりしていました。

私は『もう少し穏やかにいってくださればいいのに…』と何度もいいました。

ところが、真我を受けて帰ってきたら、そういう“毒素”が一切なくなってしまったんです。人相も変わりました。主人の弟も、穏やかになった主人を見て『兄貴変わったなあ…』って驚いていました」

さらに奥さんは、本当に嬉しそうに続けて話してくれました。
「私は昔から、会話がなくてもそばにいるだけで幸せと思えるような、そんな夫婦になれたらいいな、と願っていました。今本当にそんな感じになれました。この間主人に『お父さん、いい夫婦になれたね』っていったんですよ。そうしたら黙ってましたけどね(笑い)」

受講前

1. 愚痴っぽかった。
2. マイナス思考だった。

受講後

1. 受講前のような毒素が一切なくなり、穏やかになった。
2. 人相が変わった

刑事という仕事柄、どうしてもカタチにはまらないとものごとが解決できないという発想になりがちです。しかし、真我はカタチのない世界ですから、そこに目覚めると、こうでなければならないという思いが崩れ、これもいいんじゃないかと肯定的に全てを見られるようになってくるのです。そのことによって、自然と顔つきも穏やかになり、優しい言葉が出てきて、思いやりのある行動ができるようになるのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック