「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人生・性格編】

“生きているだけで素晴らしい”と思えた

M.T(39)静岡 家業手伝い

一年ほど前に真我開発講座を受けた彼女は、当時のことを振り返って話してくれました。

「私は医者から『二日しか生きられないでしょう』といわれて仮死状態で生まれてきたんです。それがこうやってわざわざ生かされてきたからには、何か生きている意味があると思うんですけど、それがわからなかったんです。何とか知りたいと思いました」

Tさんは、真我に出会って“この世の全ては神の現れである”ことを体感したといいます。

そして、その後彼女の影響で、Tさんの家族は全員が講座を受講することになり、一家はとても幸せになりました。特にお母さんや弟さんの変化には目を見張るものがありました。

「まわりはみんなすごく変わって良くなっているのに、自分は…と思っていましたが、一年たって、ようやく私も『ひょっとしたら、自分は素晴らしい存在かもしれないな…』と思えるようになってきました。

この前見た“カラーパープル”という映画の中で、黒人の少女が『生きているだけで素晴らしい。

神様ありがとう』っていう台詞があったんですけど、そんな実感が出てきました。

考えてみれば、最近は、初めて会った人に好印象を持たれるようになりました。

前は冷めているような印象があったと思うんですけど、温かい人間と見られるようになったみたいです」

受講前

1. 自分が生きている意味がわからなかった。
2. 冷めた印象があった。

受講後

1. 生きているだけで素晴らしいと思えるようになった。
2. 第一印象で温かい人間という印象を持たれるようになった。
3. 家族がみんな受講し、それぞれに良くなった。

最初に彼女に会った時は、「私は生きる気力がないんです」とおっしゃっていたのを覚えています。しかし、彼女が真我に目覚めたことで、ご両親も弟さんも受講されたのです。まさにそこからが人生の再出発でした。その後一家は、傍から見ても本当に愛いっぱいの家庭になりました。そういう家庭で生活する彼女に、以前のような生きる意欲のない姿は完全になくなり、今は本当に喜びの人生を送っているのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック