「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人生・性格編】

修業は不要だった!

S.Y(53)千葉 主婦

最近、精神世界の勉強を熱心にしている人が増えているように思います。Yさんもそんな中の一人でした。

彼女は長年精神世界に興味を持ち、いろんな団体や先生の所に足を運んでは勉強をし、教えに従って修業を積んできました。 しかし、彼女にはどうしてもまだ納得ができず、さらに探求していく中で私の所に訪ねて来たのでした。

「どこで勉強しても、いくら教わったとおりに修業をしてみても、どうしても不安で仕方がなくなるのです。そして結局、人に甘えたり依存してしまう心が出てきてしまうんです」

私は、不安は業から出てくる心であること、そしてそのさらに奥に真我の心というものがあり、そのことさえ自覚をすれば、不安も消えることなどを、図を描きながら説明しました。

彼女にとって私の話は、今までいろんな所で教わってきたものとは全く違った、とても新鮮なもののようでした。

そして彼女は、自らの心の奥深くを探っていき、遂に一番奥に内在していた真我を自覚することができました。

その時彼女は喜びのあまり歓喜の涙を溢れさせ、やがてとてもすっきりした表情になりました。その時の彼女は、まさに目からウロコが取れたような顔をしていました。

「今まで私は一生懸命修業をしてきましたが、そんなことをしなくても良かったということに気づきました。あれ以来、腹が座って、どんなことが起こっても動揺しなくなりました」

受講前

1. 精神世界をたくさん勉強し、修業を積んできた。
2. どうしても不安な心がなくならず、依存心も強かった。

受講後

1. 修業はしなくてもよかったと気づいた。
2. 腹が座り、何があっても動揺しなくなった。

一生懸命勉強しても修行を積んでも、本当に悟る人はほんの一握りです。勉強の悟りは知識の悟り、修行の悟りは心と肉体の悟りで、本当の悟りとはいえないのです。本当の悟りとは、生命の悟りのことをいうのです。私たちの命はすでに完璧です。完璧である命を悟るのには時間はいりません。ただ生かされているということを、魂から自覚すればいいだけなのです。そこには、不安も迷いも、一切の煩悩もないのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック