「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人生・性格編】

自殺志願、大事故、離婚、心臓病を乗り越えて…”

I.M(41)東京 塾勤務

Mさんは、私と出会った時は、三年も無職ですっかり無気力な状態でした。話を聞いてみると、今まで大変苦難の道のりを歩んできたことがわかりました。

受講後Mさんは、自分の半生を改めて振り返って話してくれました。

「私は少年時代、両親の激しい争いを毎日目の当たりにし、自分の存在価値に疑問を抱いていました。私の気持ちを訴えてもこちらを向いてもらえず、やがて自分の存在を否定するようになり、中学校の時は自殺も考えました。

十九歳の時には、医者に『助かったのが奇跡』といわれるくらいの交通事故に遭い、それから満身創痍の状態で四年間を過ごしました。

その後、一級建築士になって働き出し、結婚して子どももでき、生まれて初めて幸せを味わいました。

しかし、それもつかの間、数年後には妻に別れられ、今度は心臓の病気にかかり、仕事も続けられない状態になってしまいました。私はまたしても生きる喜びを完全に見出せなくなっていました」

しかし、そんなMさんも、真我に触れることができてから、心身ともに徐々に健康を取り戻してきたのです。

「全てが愛なんだ。苦しみさえも愛なんだと思えるようになってきました。

傷口が一つ一つがかさぶたになり、皮膚になっていくようでした。

毎日が以前では考えられないくらい楽しくなってきました。

それに、来月から塾に勤めることになったんです。これからが本当の人生の出発という感じです」

受講前

1. 心臓病で三年間仕事をしていなかった。
2. 生きる喜びを見出せなかった。
3. 全く無気力な状態だった。

受講後

1. 健康状態も回復し、アルバイトを始め、やがて就職も決まった。
2. 以前では考えられないくらい毎日が楽しくなってきた。
3. これからが人生の出発という感じになった。

Mさんの今までの人生は、地獄のような人生でした。それ故に、彼の本当の自分を求める気持ちは大変強かったのです。真我の開発に真剣に取り組んだことで、やがて元気を取り戻し、一生懸命仕事に励むようになりました。彼の両親と十歳の娘さんも受講し、家族みんなが明るい未来に向かって歩み始めました。例えどんな状況でも、本当の自分にさえ気がつけば、運命は百八十度変わるということを実証したのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック