「開発者が語る」奇跡と感動の実録【人間関係編】

感謝の気持ちが対人関係のベースに

K.A(47)東京 美術商

「私は今まで、仕事や目標といったものが先行して、人に対する愛情が希薄だったような気がしていました」

Aさんは、自分に一番足りないものを求めて講座を受講しました。
そしてその中で愛の原点を自覚することができたのです。

「どれだけ父や母から愛情を受けていたかを、改めて知ることができました。

そうしたら、両親に対する感謝の気持ちが自然と心から沸いてきました」

この体験によるその後の変化について、彼はこのように語ってくれました。

「あれから“感謝”の自覚があります。人に対する時でも、今までと比べると感謝の気持ちがベースになってきたように思います。

ビジネスにおいては、私が講座を受講する少し前くらいから流れはできていましたから、必ずしも講座のお陰だけでもありませんが、あの頃からダイナミックな動きが出てきて、出会いのスケールが変わってきました。

まだまだ私は中途半端で、ビジネスの現場にいると欲の想念が勝ってしまうことも多いのですが、それでも私にとっては、とてもいいきっかけになったと思っています。

ですから、後は自分で工夫していかないと、と考えています。

今までいろんなセミナーを受けましたが、初めて風穴をあけてもらったという感じですね」

受講前

1. 仕事が先行して人に対する愛情が希薄だった。
2. ビジネスにおいてダイナミックな流れができ始めていた。

受講後

1. 人に対する時、感謝の気持ちがベースになった。
2. ビジネスがダイナミックになり、“出会いのスケール”が変わった。

「欲の想念が勝ってしまう」とおっしゃっていますが、欲がダメなのではなく、もっと大きな欲、無限の欲に目覚めればいいのです。それが小さな欲をなくす一番の秘訣なのです。一万円しかなければそれにしがみつきますが、一千万円あれば、一万円くらいすぐ誰かにあげることはできるでしょう。一番大きなもの、この地球をいただいていると思えば、小さな欲にはとらわれなくなるのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック