「開発者が語る」奇跡と感動の実録【家庭・夫婦編】

“日本一悪いお父さん”から“世界一のお父さん”に

Y.K(23)岐阜 スポーツクラブ勤務

Kさんは、離婚したお父さんのことを大変恨んでいました。

「母に暴力は振るし、借金ばかり作ってくるし、私が勤めていた銀行を辞めざるを得なくなったのも父のせいでした。もう怖くて最低の父でした。自己紹介の時に『日本一悪いお父さん』といいましたけど、それでも控えめにいったくらいです」

そんな彼女が、自分の心の奥を探求していった時、突然幼い頃のお父さんとの思い出が蘇ってきました。

「私は小学校の頃、父がやっていたそろばん塾で習っていたんですけど、父はいつも私をみんなの前で褒めてくれたんです。でも私はそれが恥ずかしくて、それで父を避けるようになっていたんです。

つまり、私が勝手に父を避けていただけなんです。父は私に対して愛情表現を上手くできなかったのです。

そう気がついたら、むしろ父の方が私のことを真剣に考えてくれていたんじゃないかと思えてきて…、そうしたら父への愛が溢れ出てきて涙が止まらなくなりました。講座が終わった時には、父のことを『世界一のお父さん』っていっていました」 彼女は、講座が終わると早速お父さんに電話を入れました。

「『お父さん、今まで本当にありがとう』っていったら、照れながら『今さらいわないでいいよ。親として当たり前だから』といってくれました。それから父とは、二人でお酒を飲みに行ったり、食事に行ったりするようになりました。一緒に住んでいる時には、同じ食卓に座ることさえなかったんですよ!」

受講前

1.離婚したお父さんを大変恨んでいた。

受講後

1.「世界一のお父さん」と思えるようになった。
2.一緒にお酒を飲みに行ったりするようになった。

後日、彼女から手紙をいただきました。私はその手紙を読んだ時、心から涙が出てきました。私のコメントは彼女の手紙に代えさせていただきたいと思います。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック