「開発者が語る」奇跡と感動の実録【家庭・夫婦編】

子どもの家庭内暴力が収まった

K.Y(45)山形 自営業

Yさんは、私の本を読んで受講しに来た方です。実は高校生の息子さんが、高校を中退した上に家庭内暴力を振るうようになっており、そのことに頭を悩ませていたのです。 Yさんは、セミナーで幾つかの気づきを得ました。

「今までは仕事で成功することが、優先順位のとにかく一番でした。ところが『未来内観コース』を受講して以来、優先順位の一番が仕事での成功ではなく家族に変わりました。

それから、『天使の光コース』では、今まで腹の底から笑ったことが本当に少なかったことに気づきました。例えばお金を得れば幸せではなく、何もなくても幸せでいることができる、そんな本当の喜びの世界があることを体感することができました。

そのことがわかって、とてもスッキリした気持ちになれました。今までは、何でも自分一人で背負っていましたが、神様に委ねることができたら、とても楽になりました」 Yさんも驚いたのは、セミナーから帰宅したその夜、心配の種だった息子さんに就職の内定の知らせがあったことです。

息子さんは、現在その会社で真面目に働いています。そして家庭内で暴力を振るうこともなくなりました。

「前は、私自身も息子の態度を見て怒ったり、時には手を出してしまうこともありましたが、今は怒ることがなくなりました。まだ息子と私たちの関係が完璧に修復されたわけではありませんが、それでも少しづつ良くなっていることは確かです」

受講前

1. 息子が家庭内暴力を振るう。
2. 息子を怒ったり、手を出すこともあった。

受講後

1. 息子の家庭内暴力はなくなる。
2. 息子の就職先も決まった。
3. 怒ることがなくなった。

Yさんは大変仕事熱心で、仕事にはエネルギーを出すのですが、その分足もとの家庭が疎かになっていました。灯台下暗しで、遠くは照らせても足元に光が当たらないため、家庭のことでつまずいてしまったのです。しかし、全身が真我に目覚めた時、存在自体が光そのものになり、全方位に光が届くようになったのです。そのことによって、足元にいる人も転ばなくて済むようになるのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック