「開発者が語る」奇跡と感動の実録【家庭・夫婦編】

M.I(35)静岡 スーパーマーケット勤務

既に受講していた奥さんやお母さん、妹さんたちになかば口説かれる形で彼も真我開発講座を受講することになりました。

「男だから感情を押し殺していた部分もあったんでしょうね。一日目は抵抗で頭が痛くなりましたが、二日目になって心の中から自然と感謝の気持ちが出てくるようになりました」

彼は受講後、特に人との接し方に変化が現れたと話してくれました。

「今まで社長である父と経営方針のことで衝突していました。ボクはもっと思い切った改革をやらないといけないと思っていましたので、考え方の違う父とはことあるごとに対立していました。でも親があっての自分だという気持ちが出てきて、父に対する接し方も変わったんだと思います。 この前も女房とお袋がボクのことを『優しくなったねえ…』って話していたみたいです。

今でも前みたいに衝突しそうになることはあるんですけど、自分を抑えることができるようになり、理性的に話し合いをできるようになったと思います。

もともとボクは短気で、従業員に対してカチンときたらすぐ怒っていたんですけど、今は自分がここを改めたら、相手も変わるんじゃないかな、とか考えて接するようになったんです。従業員たちの気持ちを少しわかるようになったと思います」

さらにお客に対しても自然と感謝の気持ちで接することができるようになったため、お年寄りの客が増えてきたといいます。

受講前

1. 社長である父と経営方針などで衝突していた。
2. 短気で、すぐ従業員に対して怒っていた。

受講後

1. 父と衝突しそうになっても、理性的に話し合えるようになった 。
2. まず自分が改めることを考えるようになった。
3. お年寄りの客が増えた。

私たちは、「あの人は大物だ、大物だ」といった時、どういう人のことをいっているのでしょうか?お金のある人、地位の高い人、学歴のある人でしょうか?本物の人物とは、多くの人を心から受け入れ、心から愛することのできる人のことをいうのです。その愛の大きさが人物の大きさなのです。愛を引き出すもとは、全て自分の内にあります。それを忘れなければ、Iさんも将来本物の人物になっていくことでしょう。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック