「開発者が語る」奇跡と感動の実録【健康・病気】

子どもが交通事故に遭ったのも好転反応

Y.K(46)静岡 介護福祉専門学校生

「四十歳を過ぎて人生残り半分と考えた時、自分はどういう生き方をしたら一番死んだ時にいい人生だったなあと思えるかを、真剣に考えるようになりました」

Yさんは、奥さんと一緒に真我の追求に取り組みました。

ところが彼らが受講している最中、高校一年生になる長男が自宅近くで交通事故に遭い、大けがを負ってしまいました。

Kさん夫妻がその知らせを聞いたのは受講を終えた後でした。しかし、真我を開いた彼らは、帰りの新幹線の中で「これはきっと好転反応だね」と信じて動じませんでした。

病院に駆けつけてみると、重傷を負った子どもから意外な言葉が返ってきました。

「相手の人がすごく反省してるから、絶対責めないでね!」

Kさんは、その時の気持ちをこのように話してくれました。

「この子は何てすごい子だ!と思いました。自分が痛い目にあっているのに、加害者の気持ちまで考えられるなんて…。今まで、ボクらが見えていなかったけど、こんなにいい面を持っているんだなと感心させられました。

その時、子どもも神なんだ、と思いました。今までは『塾に行け』とか一方的に押さえつけていましたが、それ以降、一人の存在として好きなことをやればいいと思えるようになりました。その後わずか半月で退院でき、以前よりもずっといい親子関係、夫婦関係を築けるようになりました」

受講前

1. 子どもを一方的に押さえつけていた。
2. 妻に対して高圧的な態度が多かった。

受講後

1. 子どもを一人の存在として接し、好きなことをさせるようになった。
2. 妻に対しても優しくなった。

お子さんが「責めないでね」といったのは、交通事故に遭ったことで、まさに彼の中にあるの神の心が出てきた瞬間だといえます。そのことで、ご両親が、この子は神からの授かりものだと心から実感されたのです。これはまさに最高の好転反応だといえるでしょう。今までは、自分の思い通りにさせたいという情愛、引き付ける愛で接していましたが、この時から、放つ愛、命を活かす愛で接するように変わったのです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック