真我メソッド 実証例-奇跡の体験談・回復報告

東京・38歳・男性

受講に至るまでの経緯、動機等は省略させていただきますが、受講を決めてからの流れ
を書いてみます。二〇一一年の夏に真我教室・基礎編に参加して、その時点でいずれ真我開発講座に参加したいというか、絶対参加したいという気持ちでした。

基礎編で話を聞き、ますます講座に参加したい気持ちが大きくなりました。しかし、受講料を工面できる状況ではなかったのです。「お金さえあれば全講座に参加するのに……」と受講したい気持ちだけは大きかったです。

基礎編の終わりに参加申し込みの案内を聞き、「天の導き」というのがあるのなら、もしかして参加できるかもしれない、そんな期待を寄せ、お金は無くても申し込みだけはさせていただきました。

受講日は近づいてきますが、お金は一向に入ってきません。その時の心は安易に楽してお金が勝手に入ってくる事を期待していたのです。

申し込みだけは、未来内観コース、宇宙無限力体得コースと立て続けに申し込んでいたので、最初の講座を、お金が集まらなかった旨を伝えお断りをして次もと……、いかん! 断り癖が当たり前になるのを防ぐため、一旦、仕切り直ししました。安易に宝くじが当たるとか、楽して入ってくるお金を期待するのではなく、コツコツででも貯めてでも参加しよう! 新たに決意しました。

それでも、生活するだけで精一杯だった人間が16万8千円を貯めるのはいつになることやらー。そこで、一つ期限を設けました。今年中(二〇一一年)には絶対受講する!!

二〇一一年は十二月の未来内観が最後の講座。それまでには間に合う道筋ができればと。
すると、仕事が増えだして、徐々にお金にも余裕がでてきました。この調子だと年末までに間に合うかもしれない。だんだん期待は高まってきました。

思う以上に仕事は増え、「あれ? もしかすると十二月最後の未来内観より先にある、十二月前半の宇宙無限力体得コースにも間に合うかもしれないぞ」と、照準は十二月第一週の宇宙無限力体得コースに定まりました! 受講料を振り込んだのは、講座の2日前でした。

ギリギリでしたが、晴れて念願の真我開発講座を受講でき、真我を体感することができました。十二月最後の未来内観コースに照準を合わせたままだったら、少し余裕を持ってお金も用意できたと思いますが、宇宙無限力体得コースと未来内観コースの間が約2週間、1日でも早く受講したかったのです。そしてその選択は正解でした。

宇宙無限力体得コースでお金は使い果たしてしまいましたが、新年一月の未来内観コースの申し込みをしました。仕事は順調に入ってきましたが、頭で考えたり計算上は1カ月ちょっとで16万8千円の余剰を作り出すのはありえなかったでしょう。

だから何も考えてはいませんでした。ましてや建築作業員としては現場に出てナンボなので、年末年始の長期休みがあると稼ぎが減ります。そして年末、普段一番仕事をもらっている会社の親方のところでお金の精算をすることになっていました。あらかじめ「餅代くらいは足して出しておくから」と話は聞いていました。

「おー、ありがたい、餅代かぁ、3万円くらい出るのかなぁ、もしかしたら5万だったりして。いやいやいや、そんな変な期待はするもんじゃない、あんまり欲かくもんじゃない」と思っていました。そうしたら最終的にもらったのはプラス10万円!!

10万円もの餅代が出たのです。10万円分も餅は食べられません。これで1月の未来内観コースにも間に合いそうだ。ありがたく受講料に補填させていただき、無事に未来内観コースも受講することができました。

短期間に二つの講座を受講するためのお金を用意できたというのが今までの自分ではありえないので驚いています。まさしく、これが話しに聞いていた「天の導き」というものなんだなと実感しました。もちろん講座内でも素晴らしい体感をさせてもらいました。今回は、受講できた不思議な流れについて書かせてもらいました。ありがとうございます。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック