真我メソッド 実証例-奇跡の体験談・回復報告

山口県・40歳・男性

 私の悩みの一つは、妻との関係でした。実は妻が浮気をしていたのですが、妻はそれを認めようとせず、またお互いの考え方に違いがあり、受講前は離婚を念頭にしながら悩みつつ日々生活していました。

 申し込んだ講座は八月の未来内観コースでしたが、それまで一カ月ほどあり、早くこの悩みを解消できないかと思っていたところ、七月の宇宙無限力体得コースの席がまだ空いていると講座の三日前に知り、即こちらに替えて受講しました。

 受講中は、私以外の方々が感激で涙を流されていましたが、私はとくに体感もなく、OKはいただいたりしたものの、正直、周りの状況についていけませんでした。

 しかし、受講を終え家に帰ると、驚くほどの変化が起きたのです。

 それは、帰宅したときに妻から手紙を渡されたことでした。その内容は、まるで妻自身が内観したかのようなものでした。浮気を直接認めているわけではないのですが、自分は信頼関係を崩したダメな妻・母親で、それでも結婚してくれてありがとう……感謝の言葉しか出てこない……などと書き綴ってありました。

 私はこのとき落ち着いていて、それ以上いろいろと深く聞こうとは思いませんでした。なにか起きると、いつもなら口論になったりするのですが、このときはただ、お互いにゆっくり話していこうということになり、ケンカにもなりませんでした。

 これはお互いの気持ちが近づいたからなのかとも思ったのですが、それを象徴するものすごい出来事が、その二日後に起きました。被害者が多数出た山口県の集中豪雨です。

 この日は、明け方からかなりの大雨でした。

 妻は、朝七時三〇分に出勤のため家を出ました。妻の職場は自宅から車で三〇分ほどかかる峠道を越えていく所にあるのですが、妻が車で出て少しすると私の携帯に妻から着信が入りました。峠道の状況がひどく、土砂の上を無理に走っていたらタイヤがパンクしてしまい、走れなくなったと言うのです。そこで私は迎えに行くことにしました。すぐに自分の車を出したのですが、家の近くで道路が冠水してしまい、自分の車で行くことを諦め、タクシーで妻のもとへ向かいました。

 途中、至るところで濁流、小さな土砂崩れが発生していましたが、そのまま妻の車がある場所まで着くことができました。タクシーに待ってもらい、車の状況を見ましたが、タイヤがパンクしているうえにホイールも歪んでいて、雨も強いことから、車をそのままにして、二人ともタクシーで家に引き返すことにしました。

 戻る途中、少し前をパトカーが走っていたのですが、峠を降りきったところで、そのパトカーがなんと道路を封鎖し、そのまま通行止めとなってしまいました。その後、一時間ほどかかりなんとか無事に帰宅することができました。

 それから後に知ったことが驚きであり、奇跡でした。実は、私たちの乗ったタクシーが通過した後、峠道の途中の一部が五〇メートルも下へ向かって崩落してしまったのです。

 それは、お昼に市の道路情報で知らされたのですが、朝八時四十五分から五〇分ごろに発生したと発表されていました。それは私たちが通過した直後だったのです。もう少し遅れていたら、想像を絶する状態に自分たちがなっていたかもしれなかったのです。

 考えてみると、次のような条件が揃っていなかったら……と思います。

・峠道にもかかわらず妻の車が止まった場所から携帯がつながった。
・家の近くの道路冠水で私自身が車を出すのを諦めた。
・ひどい道路状況にもかかわらずタクシーで行き帰りできた。
・タイヤとホイールの損傷がひどく、その場で妻の車で帰るのを諦めた。

 もう十〇分、十五分遅れていれば……そう思うと、本当に驚くと同時に今の状況に対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻とともにこの状況を怖いと言いながらも、助かったことで、二人で喜び合いました。

 妻が私に連絡してきてくれたこと、私の判断や行動が早くできたこと、妻もそれに素直に従ってくれたことなど、いろいろな条件が揃ったなか、お互いの気持ちが近づいていたから助かったのではないかとも思えるのです。

 これも受講していたからだと、今はつくづく思います。受講中は、本当に真我が開いたのかと自信がありませんでしたが、これらの出来事を通じて、私は確信しています。

 そして、私が光になりたいとも思いました。これからも真我を開発していきたいと思います。
 本当にありがとうございました。

 余談ですが、今回の山口県の集中豪雨では残念ながら亡くなられた方がいましたが、同じ県内でも、私の住んでいる地域では、死者や行方不明者は出ませんでした。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック