真我メソッド 実証例-奇跡の体験談・回復報告

広島県・51歳・女性

前略

 先日の未来内観コースでは、母子共に大変お世話をおかけ致しました。ありがとうございました。

 今回は、四、五日前に受講の決意をし、まず母(受講生のS・Iさん)に話しましたら「よく気がついたね。早い時期がいいよ。すぐ申し込んで行っておいで。おめでとう」と言ってもらい、日程表を見て、すぐに受けられる講座を申し込みました。

 思った時が吉日、今がチャンスだと、私と娘のために席を空けて待っていて下さった気すらして、真我に引き寄せられている感覚でした。

 今回は、主人がかかえている悩み(仕事、上司とのトラブル、お金)が、私が受講することで少しでも良くなればと思ったことと、中学二年生の次女が受験を前にしての大切な時期であり、また多感な年頃でもあるため、次女と二人で受講させて頂きました。

 受講を決意した日から、未来内観コースは始まっていました。言動で受講拒否する娘の姿を目の当たりにして心が揺れました。

親の押し付けではなく、本人が自然に真我に気が向くようになるまで時期を待った方が良いのでは、先延ばしにしようか、娘だけキャンセルしようか……。

起きてもいない出来事を想像して不安が先行してきて、電話でスタッフの方に話したところ「お母さんの気持ちがお子さんに伝わるので、毅然とした態度で当日娘さんをこちらにお預け下さい。フォローさせて頂きますから大丈夫ですよ」と言って頂きました。

「不安な気持ちを持ったお母さんが悪かった。あなたを信頼しなくてごめんなさい」と心の中で娘に謝りましたが、娘が講座会場に入って椅子に座ってくれるまで不安は残っていました。

 ところが、講座が始まると自然に講師の話に引き込まれていきました。「人と比較しない。自分の事に集中する。講師の言う事に素直に積極的に。前向きに真剣に」。

「娘が……と言っている場合ではない。自分が解決したい問題を真剣に取り組んでいくことが、今の私の使命なんだ」と思いが変わりました。

 この二日間、自分の心を見つめ、その心の変化には、自分でも驚くくらい、発見、気づきの連続でした。

 主人に問題があって受講しましたが、講座中、主人の問題を掘り下げていくなかでうまくいかず、講師のアドバイスもあり、今回の受講の相談をした母に焦点を合わせて臨んだところ、深い気づきを得ることができました。

それは、母の愛の大きさです。母の愛はあまりにも大きく、無限で、無償であることを今回ははっきり感じることができました。母の愛が、私へ、そして娘たちへと縦のつながり、関連性もすごく感じました。「母のおかげである」ということを、これまで以上に更に深く気づくことができました。

 本当に、今回は深いところまで掘り進むことができ、気負いがストーンと落ちました。身も心も軽くなって、背中に羽をつけて広島に帰ることができました。

 一緒に受講した娘も明るく、前向きになり、帰りの新幹線の中でも、ハイな気持ちで、私との会話を楽しんでいる様子でした。娘も本心は真我を求めていたのです。日常、反発心を出す、そういう年頃ですが、最近は、顔色が変わった時に、「真我」とか「笑顔、笑顔」と言うと、笑って「怒ってないよ」などと言います。

 そして、帰ったら、主人も明るくなっていました。いろいろな問題があり、うつ的に落ち込んでいたのが、私が受講することで、変わっていました。今回は、主人の問題のおかげで受講できて、主人への感謝の気持ちもあふれました。

 今まで次女だけが受講していませんでしたので、今回の次女の受講により、家族みんなで真我の話が出来るようになり、さらに家族の絆が深まりました。

 これからの自分の心の成長、アセンション、家族の成長、変化、先祖の変化、世界の変動が楽しみです。
 この二日間、いや受講を決意した日からの変化、導きに感謝で一杯です。
 本当にありがとうございました。

感謝

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック