【幸せ・豊かさ】体験談

暴力妻のお蔭で真我に出会え、喜びと感謝と愛で一杯に!

東京都・46歳・男性

 佐藤先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 天使の光コースの受講を終え、一週間が経ちました。

 私が先生の真我開発講座の未来内観コースを受講したのが八月の後半でした。

 そして、二週間後に宇宙無限力コース、二ヶ月後に天使の光コースを受講させていただきました。

 最初に受講した時、他の受講生の皆様があまりにも真我を開くのが早く、とても驚き、焦る気持ちでいっぱいになりました。あっと言うまに二日間が過ぎました。

 それでも、父、母、別れた妻、叔母ヘの感謝の気持ちを感じることができました。

 「よし、二週間後の宇宙無限力コースでは、絶対真我を開くぞとの強い決意をしました。しかし、決意とは反対に、また他の受講生の姿と自分自身を比べる心がそこにはありました。

 私は二ヶ月後の天使の光コース受講までに、真我を開くことを強く強く決意し、仕事以外の全ての時間を先生のテープを聞き、先生の書籍を読みました。

 寝ている間も、オートリバースでテープを聞き続けました。

 上級クラス受講の時、まだ開いていなかったテープを購入しました。

 そして、そのテープの中で自分を大きく変えるヒントが三つ入っていました。一つは、大阪の男性の方の体験でした。

 この体験の中で、まわりの人たちが愛と感謝と喜びに満ち溢れているのに、自分はそのようにはなれないことを佐藤先生に話している内容でした。

 そのとき先生は、他人と比較するその心を強く指摘されていました。この時、この内容が私自身のことであると強く感じることができました。もう他の受講生の人と自分自身を絶対に比較しない。

 私は何て愚かなことをしていたんだと強く感じることができました。

 二つ目は、損害保険会社の社長さんの体験でした。

 この体験の中で、自分の触れたくない問題こそ佐藤先生にぶつけるんだと強く感じることができました。

 この社長さんは、お父さんの自殺未遂の話をした瞬間に真我を開いたことをお話していました。

 私はこのとき過去二回の講座で一番話をしたくないことに触れていませんでした。

 よし、次の講座では、絶対に話をすると強く決意しました。

 三つ目は、山梨県の女性の方の体験でした。この方は、十二回の講座を受講し、初めて本当の真我を体感したことをお話していました。

 そして、これからが出発であり、一生涯真我を開き続けるため、真我開発講座を受講する決意が述べられていました。

 私は一度や二度の講座を受講したことで真我が開けないと焦っていたことを本当に恥ずかしく思いました。

 よし、何度でも受講しよう。そして、一生涯受講し続けようと強く決心しました。

 天使の光コースは、この三つの決意で臨みました。

 私の一番話をしたくないこととは、妻の暴力でした。

 なぜ妻が私に対して殴ったり蹴飛ばしたりするのかわかりませんでした。

 私は佐藤先生のところへ何度も通いました。

 最初、私は原因が寝たきりの母の面倒を看ることヘのストレスからだと思いました。

 そんな私に先生は「無償の愛だよ」と言ってくれました。

 私は過去に父に対して暴力を振り、怪我をさせたこと、母に対して、「もう死んでくれ」と言ったことを思い出しました。

 父は死ぬ間際に私に対して、「タバコは体に毒だからやめるように」と言ってくれたこと、母は、暴言を吐いた私に、「いつもごめんね」と言いながら、「ありがとう」と感謝していたこと。

 父と母がどんなに私に対して、深い愛をくれたかわかりました。

 そして、そんな私に対して、妻は父と母の愛がどんなに深いすばらしいものか、真我で体感させてくれるチャンスをくれたのです。

 私は別れた妻がどんなにすばらしい人か本当に感謝することができました。

 家に帰ったとき、叔母が「佐藤先生の講習はどうだった?」と聞いてきました。

 叔母はある宗教を信仰しているため、あまり真我開発講座に対し賛成ではなかったのです。しかし、私の講座での話を聞いてくれました。

 また、授業の終了後、生徒さんの一人が近づいて来て、「今日の先生、とっても優しい顔をしている」と言ってくれました。

 今、私は喜びと感謝と愛でいっぱいです。心がとても軽いです。

 佐藤先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 これから、一生涯、真我を中心に進んでまいります。

 よろしくお願い致します。本当にありがとうございました。

うつ病治療なら大反響の「90日プログラム」を是非、お確かめください!

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック