真我メソッド(真我療法)体験談

奇跡の体験談|世界貿易センタービルテロ事件、奇跡的回避!!

ニューヨーク・50歳・女性

 2001年9月10日午後10時頃、突然右目の中央に黒い帯状の物が降りてきて、思わず怖くなり目をつむりました。

 ひょっとして網膜剥離かもしれないと思い、とりあえず明日一番で病院へ行かなければと思いました。ところが、あいにくいつものかかりつけの日本人の眼科医の先生は先週から夏休みで休診中。

 別の病院へ行くことにしたのですが、言葉の問題で心細く、主人に連れて行ってもらうことにしました。

 9月11日、朝8時30分頃、病院へ着き、待合室で待っていると、しばらくして妙に外がサイレンの音で騒々しくなりました。

 何だろうと思っていると、待合室にいたある人が、私と主人を隣の部屋へ連れていってくれました。

 その部屋の窓から見えたものは、黒煙をあげ、燃えているワールドトレードセンターの信じられない光景でした。見た瞬間体に震えが走り、絶句してしまいました。

 実は、主人はあのワールドトレードセンターの82階で働いていたのです。しばらくすると、ビルは崩壊し、跡形もなくなってしまいました。

 その光景を見ながら、私は「真我」のおかげで主人の命は助かったとまず思いました。
 神様が私を通して、主人を会社へ行かせないようにして下さったと思いました。

 前夜、私の目の調子が悪くなったこと、そして、その日に限って、日本人のかかりつけの医師が休診だったこと、どう考えても偶然にしては出来過ぎです。

 私は前年の7月に未来内観コースを、九月に宇宙無限力体得コースを受けていました。7月にはじめて受けた時、「真我」が究極のものであることを体感し、これからは「真我」を開くことだけをいつも頭において過ごそうと決心しました。

 ただ日本を離れているので、その後講座を受けられず、「真我」を開き続けていくのに苦労しました。でもそのおかげで思いがけない良い出来事は多々ありました。でも、今回ほど「真我」のすごさ、有難みを感じたことはありません。

 本当に「真我開発講座」に出会えていてよかったと心から思いました。

 幸いにも、私の目も硝子体がはがれただけで大したこともなくすみました。

 後でわかったのですが、主人がいた82階では、日本人12名が行方不明になっています。本当に真我に出会えて良かった思います。

 みなさま本当にありがとうございました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック