真我メソッド(真我療法)体験談

自分の心の中にある深い悲しみを解決することが最優先

東京・35歳

 前回の「宇宙無限力」で、今まで本当に仲の悪かったお袋から無限の愛を感じられた。恐らく婆さんがお袋に与えたものも愛であったはず。

 そのことをお袋に理解してもらいたい。早く婆さんを許せ。そして、感謝できるようになって欲しい。そのために今は、自分自身が変わっていくしかないと思う。

 具体的にはどうしていいか正直よくわからない。

 すっかり忘れていたが、俺がお袋以上に仲が悪いのは妹だった。一年ぐらい前に妹が自分の下の娘を叱っている時、叱られたその娘の方が悪いのに、その子の気持ちが伝わってきたことがあった。

 「今に妹と下の子は俺とお袋の関係とそっくりになる」そう確信した。この私の問題は次の世代に引き継がれている。

 そう思うと急いで解決しなければという思いは強くなるのに、一週間前お袋と会った時、話らしい話は何もできなかった。(以前のような「邪気」や「剣」は感じられずホッとしましたが)何を話したらいいのか、どう振舞えばいいのかサッパリわからなかった。

 まだ自分の中にため込んだものがたくさんある気がするし、目の中に悲しみが残っている気がする。

 2回のセミナーを通じて、今まで自分の身に起きた出来事のほとんどを立体的には把握することができた。

 このままでは何を努力しても決して実を結ぶことはないと思った。今の問題を解決することが最優先で、他のことは後回しだと思う。

 形は違えど、自分の周りには大なり小なり自分と同じような問題を抱えている人が多い。

 自分がこれから良い方向へ向かえれば、その人たちの助けになれそうな気がする。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック