真我メソッド(真我療法)体験談

子供の心が開放された~本当の心の幸せ、豊かさ|意識次元の上昇

山梨・34歳・女性

 今、不思議なくらい穏やかな気持ちです。私はこの日が来るのをずっと待っていた様な感じがします。

 何かを求めていたのでしょう。本もたくさん読みました。“人間は愛を伝えるために生まれてきた”“全て起こることを受け止めなさい”“ありのままのあなたが素晴らしい”…。

 頭での知識はパンクしそうなくらい、そういう言葉が入っていました。でもどうやって愛を伝えるのかもわからない。人を許せといっても憎んでしまう。

 空回りの毎日でした。

 でも今は違う。一生懸命考えなくても自然に口から温かい言葉が出てしまうし、体が勝手に動いてしまう。この感動をどうしても好きな人、大切な人に伝えたくてたまらないのです。

 講座の翌朝、目が覚めると、太陽の光がとてもやさしく、今まで見たこともない光を感じました。

 受講以来、私の愛する子どもがびっくりするほど変わってきています。

 講座から帰った日の夜、私は子どもと向き合い、二日間で感じたことを話しました。私の話を聞いた子どもは、涙をポロポロと流して泣きました。

 子どもとは、何かをテーマにしてよく話し合ってきましたが、結局最後には私の説教で終わってしまい、口を尖らせてしまうことがたびたびでした。

 あの時ほど安心したあの子の顔を見たことはありませんでした。

 今までは、私に何か言いかけてもやめてしまうことがよくありましたが、それ以来、私に怒られそうなことでも、ためらわず話してくれるようになりました。今は私が全部受け入れてくれると思うのでしょう。

 昨日の夜も、今夜もあの子は私に抱きついて泣きました。佐藤先生の小冊子を、あの子の枕元で読んであげたら、「お母さん難しいね」と言いながらも、涙をこぼしていました。

 これって本物だ。意味がわからなくても、私を通して、あの子の魂にしっかり響いている。私はあの子を幸せにすることができる。

 私ははっきりとそう確信しました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック