真我メソッド(真我療法)体験談

毎日妻を抱きしめ「愛しているよ」

46歳・男性

 今まで私は、自分の生き方や存在理由についていつも確信が持てず、いろんなセミナーに出かけていっては、理想と現実のギャップに余計に落ちこんでしまうような日々を過ごしていました。

 また、父の引いたレールの上を走らされているのがいやで、事業がうまくいかないのも父のせいにして、いつも逃げ出したい気持ちでいました。

 家庭のことも然りで、一時は家族のことも顧みず飲んで遊んでまわり、妻が子どもを連れて実家に帰ってしまったことも何度かありました。

 何とかよりは戻したものの、「子どもが成人したら離婚する」といった妻の言葉に、私は一生この溝を埋めることは無理だと思い込んでいました。

 そんな折、真我開発講座を受けて、まず父へのわだかまりが消えてなくなりました。父が死んだ時に出なかった涙が一気に溢れ出しました。

 私は父の深い愛情に育まれていたことに気づき、心の底から感謝することができました。

 また、自分の人生は自分で決めてきたことにも気がつきました。私自身の迷いがなくなり、本気で社長業に取り組もうという気になってきました。

 朝礼で初めて、社員への愛と感謝の気持ちを素直に言葉にし、みんなと一緒ならどんなに厳しい時代も乗り越えていける自信が湧いてきたこと、みんなが心を一つにすれば必ずお客様に喜んでもらえる仕事ができることなどを話したところ、社員達がみんな拍手をしてくれました。

 それまで、あまり協力的でなかった社員達にも笑顔が出てきて、非常に雰囲気が良くなり、会社の中も少しづつ変わってきました。

 家庭の中も変わりました。講座の翌朝出勤する前に、突然妻を抱きしめキスをしてから、心から「愛してる」といいました。一瞬妻は驚いていましたが、少し間を置いて「ありがとう」といってくれました。

それ以来、毎朝妻を抱きしめ愛と感謝の気持ちを伝えています。今では夫婦喧嘩をしなくなったばかりか、一生埋まらないと思っていた溝がいつのまにかなくなってしまいました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック