真我メソッド(真我療法)体験談

母と夫への怒りが、一瞬で感謝の涙へ!

北海道・60歳・女性

 二十年前、私がお店(飲食店)を出すようになってから、夫は働かなくなりました。

 それから私は、いろいろな本を読んだり、自己啓発セミナーなどに参加するようになりました。

 そのころは心から夫を認めることができませんでした。夫を感謝することを頭でやっていて苦しかったです。

 また、人から、とくに家族から何か私にアドバイス的なことを一言でも言われたら、すぐに責められているように感じ、私はいつも怒り出す始末でした。

 そんな私に娘たちは「お母さんを責めていないよ~、怒るのって何かおかしいんじゃないの~」とよく言われていました。

 自分でもやっぱりおかしいと感じるようになったのは、娘にすすめられた真我開発講座の未来内観コースを受け終わったころからでした。

 未来内観コースでは、父、母のおかげで真我が開いたと思っていました。ずいぶん心が変わったと思っていました。

 しかし、やはり夫が働いていない姿を見るたびに腹立たしさが出てきたり、「もう、こんな夫と離婚!!」と思ったりしていました。

 真我が開いたはずなのに、どうしてこんな気持ちが出てくるのかと……苦しい毎日を過ごしていました。

 それから一ヵ月後、宇宙無限力体得コースを受講し、このとき、夫に対する過去が変わったと感じました。

 ここまでこれたのも夫が働かなかったおかげだと思い始めました。

 夫が働かないのは、私が店を続けるために手伝いをしてくれていたからだと感じたのです。

 そう思った途端、夫に感謝の気持ちがあふれてきました。

 真我はだんだん深く開いてきていると思いました。でも、やっぱりもやもやが少し残っているように思っていました。

 夫に感謝し、お客様に感謝を忘れずに過ごしていました。

 そしてまた一ヵ月後、今回の天使の光コースを受講したとき、私は全身で真我が開いたのを感じました。

 母のことを心の奥底で認めていなかったということに気づくことができたからです。

 母は目を火傷していたのですが、その火傷を認めたくない、火傷を治してくれない母を認めたくない、母を認めていなかった……子どもの頃の気持ちが私の中にこんなに根深くあり、引きずっていたなんて本当に驚きでした。

 それまでは、親だから認めていないはずはないと自分に言い聞かせていたように思います。

 そうやって頭でフタをしていたその「認めない」思いが、怒りになり、悲しみになり、娘に何かアドバイス的なことを言われると、いつも怒り出す始末だったのです。

 母を認めていなかったこと、私の願いを聞いてほしい、聞いてくれていないという気持ちが怒りとして出てきていたのです。

 相手が悪い訳ではないのに、私は何かいつも怒り口調でした。本当は優しい私なのに、なぜなんだろうと思っていましたが……深く見つめていませんでした。

 そして、そのことが夫の働かないことにつながっていたこともわかり、衝撃的でした。

 夫を認めない、すべての人たちを認めない、娘たち、息子も、そして自分自身をも認めていなかった! 

 私はすべての事、人、モノを認めていませんでした。全身が崩れていくように涙があふれ、母に、夫に、子どもたち、すべての人たちに申し訳なかったという気持ちがあふれました。

 母のことがこんなに私たちの人生に影響を与えていたなんて、本当に思いもよりませんでした。でも、母の火傷、そして母を認めたくない気持ちがあったから真我に出逢えたのです。

 本当に有り難い思いになりました。

 今回、天使の光コースを受講して父、母の愛の深さを全身で感じ、本当の自分が見え、パーッと心の曇りがなくなりました。

 とてもスッキリしました。母に感謝の気持ちがあふれ、この母のもとに生まれたことに感謝して、嬉しくて嬉しくて、私を産んでくれてありがとうという気持ちでいっぱいになりました。真我バンザイ!です。

 天使の光コース受講後、講座会場から家に戻る前に入院している母に会ってから帰ろうと思っていたら、たまたま婿が病院の方に行く用事があるとのことで、お金が無かった私はその車に乗せてもらい、娘と孫と三人で母のいる病院へお見舞いに行くことができました。

 病院に着くと、その日はたまたま(これも偶然なのかな)、東京からNHKの体操の先生が来ていて、患者さんたちとフーセンバレーをしてくれていました。

 それに私たち三人も参加して遊ぶことができました。母とはほとんど会話はしませんでしたが、母に遊んでもらった気持ちになり、お見舞いに行った私たちが元気をもらってきたねと娘が帰りの車の中で言ってくれました。

 お見舞いに行くと母はいつも「もう、帰っていいよ!」と言うのが口ぐせで、私もいつもならすぐに帰ってきてしまうのですが、その日は、一時間以上も母と一緒にいました。母もとても嬉しそうでした。

 またもう一つ、受講後、夫にハグすることができました。

 お店の営業が終わって、最初は握手だけして店から帰ろうかなと思っていましたが、「今だ! 今ハグしないともう二度とできない」と感じ、夫にハグしました。

 すると「気持ちのないハグなんていらない」と夫に言われましたが……それでも私は毎日夫とハグして帰ってこようと心に決めていたので思い切ってやったのです。

 次の日、夫はなんと反省の言葉を言ってくれました。

 私が夫に対して心で思っていたこと、夫に言いたいことを全部夫が言ってくれました。

 あ~あ~真我のおかげだァ~、と思いました。

 今も毎日同じようにお店に行きますが、今は夫とつながっているととても感じます。

 優しい気持ちになります。怒り口調もなくなりました。

 この手紙を書きながら何回も涙があふれてきました。感謝、感謝の気持ちで仕方ありません。

 ありがとうございます。本当の自分がわかったのですから、これから、本当の自分で生きていき、このことを周りの人たちに伝えていきます。

 みなさま本当にありがとうございました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック