真我メソッド(真我療法)体験談

両親の愛に改めて気づき、仕事に不思議な変化が

宮城県

 私は未来内観コースを受講して、それまで思っていた両親に対する認識が本当にがらりと変わったことを感じました。

 両親は、私をよく叱り、勉強や家事の手伝いを厳しく、妥協せずに言い続けました。

 受講中に私は、そのお陰で今の自分があるのだと改めて気づかされ、愛情を持って育ててくれた両親への感謝の念が込み上げ、感動と感激の涙でいっぱいになりました。

 そしてそれは、私が父母への恩返しをする番だと決意した瞬間でもありました。

 実はもう両親は共に他界し、この世にはいませんが、家族や周囲の人たちに私が出来る精一杯の愛と喜びと感謝の気持ちを与えることで、父母への孝行としての報いになればと今は思っています。

 それから、以前から会社で苦手な人たちがいました。それは、朝夕の挨拶で私が挨拶しているのに返事を返してくれないため、私は「何、この人」と思い、苦手意識を持つようになっていたのです。

 それが受講後、相手を見る目が変わったのか、あまり意識せずに挨拶をし続けてしまっている自分に驚いています。

 その後、挨拶を続けているうちにほとんどの人が、私を見る目も変わったのか、私に挨拶するようになってきました。

 また、会議のときに役員が発する言葉や質問、コメントが相手を傷つけるような内容で、とても憎悪になり、それ以来会議に出席することがとても嫌になりました。ところが受講後、その役員の行動は、私たちのために指導や育成、そして将来の事を考えてのことだと気づき、その役員が神様に見えてきたのです。

 それからは前向きに会議に出席することができ、発表においても、厳しい指摘を受けても「育てていただいているんだ」という気持ちで素直に受け入れられるようになりました。

 今まで嫌がっていたことが嘘のようになくなり、あれだけ嫌だった発表資料の作成や発表も落ち着いてできるようになったので、本当に不思議に思っています。

 仕事は、いつも何かに追い詰められて、周囲の人や役員の目を気にしながら毎日を過ごす感じだったのですが、受講してからは、そんな周囲や役員の目を気にせず過ごせるようになり、気が楽になりました。

 今、続けていることは、真我開発ダイアリーに心の変化と現象面の変化を記入し続けていることと、通勤を自転車から徒歩に変え、毎日「真我の実践」を唱えながら通勤し、且つ、佐藤学長のCD(講和)を毎日24時間かけっぱなしで、会社にも行っていることです。

 その後の変化として、契約社員ではありますが、顧問から部長昇進の話が出ていることです。

 私は役職に興味はなく、役職になるために真我開発講座を受講している訳ではないので重苦しく感じているのですが、会社側がどうしてもということであれば、逃げずに受けようと思っているところです。

 そしてそれが、自分の今までの人生を変える第一歩であれば、そのように進んでいく覚悟でいます。

 今後も真我開発講座を受講し、真我を開き続けて、周囲の人に愛を与え、毎日を楽しく、生き甲斐のある人生を送り続けて参りたいと考えています。

 ありがとうございます。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック