真我メソッド(真我療法)体験談

主人が心不全から脳梗塞、そして人口透析をきっかけに、人生が180度好転!(東京都 60代 女性)

主人が病。

結婚して10年目で
心不全から脳梗塞をおこす。

ある日、死ぬか生きるかの病をしました。

その時、たまたま話しかけられた方が
某宗教の方で、何とかして欲しいという思いから
その方に、話を聞くことになり

その話を聞いた通りにやったら
思い通りの人生になるんではないかと思い

宗教にのめりこみ、いい教えを
インプットすることをしました。

主人は、わたしがやっている事をおかしいと
思ったのでしょうが、あまりに私が強引で
何を言ってもこの人はダメなんじゃないかということで
仕方なく私に付いて来てくれていました。

ある意味、心不全、脳梗塞からは
立ち直っておりましたけれども、

主人の大学時代の友人に久しぶりに会ったときに
主人の顔色のあまりの異様さに

「どうしたんだ」ということで
そこから診断していただきましたところ

「このまま、放っておいたら、危なかった」

というところまで、気がつかずにいました。

主人が病気をして宗教にいって、
どうしようもなかった所で
その宗教で一緒だった方から、

「真我療法というのがあるよ」

と教わりました。

そこで、真我療法を受けた後、
主人は、透析になったんです。

今までだったら、
また自分の人生といいますか

なんでまた、
そんな風になるのかな
と思ったかもしれません。

けれども、その時に主人が言ったことは、

「ああ、人工透析をしていれば
、自分の命は生かされるんだ。
そのおかげで、俺は命拾いをしたんだな」

というふうに言ったんですね。

そして、一番の気づきとは、私にありました。

「病気になったのは主人のことだ。」
「主人が病気になったんだ。」
「主人が招いたことだ。」

と言うふうにずっと、

表面には出していませんでしたが、
どこかで裁いていたというか
そういう思いがあったことに

その真我療法に出会ってから
気づかせていただきました。

一番救われたのは、私自身です。

主人の病気もそうですし、
夫婦の仲もそうですし、
娘にも思っても見ない孫が生まれたり

もう、人生180度好転いたしました。

 

最新のうつ病治療!90日でうつ病完治へ真我療法「90日プログラム」

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック