うつ病が消える究極のカウンセリング

引き続き、佐藤先生の「うつ病は90日で90%治る」より、詳細を見ていきます。

人間は生まれた瞬間から死に向かって歩み始めます。

 

誰も例外なく老いて死んでいきます。

 

でも、普段はそれを忘れてしまいがちです。

 

病気は、この前提を思い出させてくれます。

 

いたずらに病気を否定的に考えないことです。

 

病気は健康でいる状態と、死ぬこととの中間にある存在です。

 

病気になって初めて、自分の今の位置と進むべき方向が示されるのです。

 

ですから、病気は歓迎してもよいことです。

 

「いまの生活のままだと体が参りますよ」と警告を発しているのです。

 

病気になったら、最低限それを感じ取る必要があります。

 

自分がしたことが自分に現れているのであり、病気が悪い、運が悪いと文句を言うのは違っています。

 

続きはまた明日。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。