うつ病が消える究極のカウンセリング

引き続き、佐藤先生の「うつ病は90日で90%治る」より、詳細を見ていきます。

 

考え方を改めて、自分の生命は自分で守るという固い決意が必要です。

 

薬の副作用以前に、薬に依存することで身体の機能が低下してしまうこともあるのです。

 

病気を、外にある誰かのせい、何かのせいにしていたり、依存していたりすると、自然治癒力はなかなか働いてくれません。

 

「自分は健康で生きていくんだ!」という強い決意を固めるとき、生命エネルギーが溢流して、病気と波長が合わなくなるのです。

 

人間の願望ではなく、厳然としてもう既にあるというところから見ていくのです。

 

人間は男性と女性がいます。

 

あるがままの姿から見ていくと、そこにはどうしたら良いのかの答えがあります。

 

男も女も人間が決めたもの、創ったものではありません。

 

それに合わせていったときに、自然に解決していく道があります。

 

命のバトンが引き継がれているということ、男と女がいるということ、脳を含めた人間を創った大いなる宇宙のシステムがあること、そのような答えが既にあり、それに沿っていくということです。

 

命というのはこうなるのが答えなのだと、誰が見ても正しい姿というのはあるはずなのです。

 

その答えが決まっているところから見ると、問題も病も自然に修正されるということです。

 

続きはまた明日。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。