うつ病が消える究極のカウンセリング

東京駅前徒歩3分にある「YSこころのクリニック」で提供している「YSメソッド」自然治癒療法は、うつ病の治療において、90日以内の寛解率90%以上、1年後の再発率2.3%以下という国内トップクラスの実績を上げ続けています。

 

「言葉だけで、病が消えていく」という満月理論を基に、言葉による「医療プログラム」を研究しています。

 

それについて、YSメソッド開発者である心の専門家:佐藤康行先生の講話をお届けします。

 

【言葉による医療プログラム】講話12

私は9年前(2004年)に倒れて左下半身が麻痺しています。

 

介護度で言うと当時は「5」と言われ、最悪だと言われました。

 

母親はこれで亡くなりました。

 

それを思うと私はまだ生きていましたが、お風呂入るにも死体を洗うようなお風呂の入り方です。

 

さすがの私も2、3回死にたいと思いました。

 

私は心のことを扱っていましたから、「私は体験させられているのだ」と受け止められるようになりました。

 

ベッドからなるべく早く降りられるようにして、車椅子もなるべく使用しないようにしました。

 

そして四点杖というものもなるべく早めに手放すようにしました。

 

足の装具というものもなるべく早めに取って、最後は一点杖も外して、なるべく自分でやれるように心掛けました。

 

身体がどんな状態でも心は健康の人とまったく同じような状態になれるということが分かってきました。

 

心は早いですから、今、本当にどんな状態でも、この瞬間から幸せになれる、治ってから幸せになるのではなく、今どんな状態でもここから出発して幸せになれるのです。

 

 

明日に続きます。

お楽しみに。

バナーをクリック頂くと、ブログランキングのポイントになります。
ご支援ありがとうございます。