【夫婦問題改善】体験談

行き詰まっていた人生が、夫婦円満・食生活も戻り、愛溢れる人生に!!

高井昌弘(仮名)・USA・56歳・男性

※下の画像をクリックすると拡大表示でご覧になれます。 行き詰まっていた人生が、夫婦円満・食生活も戻り、愛溢れる人生に ゆきづまっていた。

この言葉で書き始めるのが一番ぴったりとくる気がします。

子供の頃から「どうして?」「なぜ?」と疑問が次々に湧いて来て父母を困らせました。

これが結局、人が生きる目的は、何のために生きるのか、何を目指して生きるのかという疑問を持つようになり、その答えが自分の納得するように得られないので、それに蓋を被せて生きるようになったんだと思います。

その答えは、私が以前お世話になった禅宗の道場に確かにあったと思います。

が、つかまえていた独りよがりの考えを正しいと信じ、手放すことが出来ず、折角の真我に触れるチャンスを無駄にしてしまったと思います。

その我ままを三年間もつかまえて手放さず、それが為に真我から離れてしまい、様々な苦しみと闘わなければならなくなっていたのが、この三十年間私がやって来たことだと思います。

将来に希望を見い出せず、落胆、失望、ときには絶望的な気持ちになり、常にそんな状態であっても気持ちを明るく保とうとしていましたが、うまく行くわけはありませんでした。

そんな心の状態から出て来るものは、いいものではないでしょう。

子供の頃から癖だった食物依存に拍車をかけ、体重が増えたり減ったりしました。

食事がうまくゆかないから落ち込み、落ち込むと食事が更に乱れるという悪循環を繰り返しました。

結婚して子供ができてから表面的には少し良くなったように感じましたが、根本のところは変わっていなかったように思います。

真我開発講座を受けて、現在一ヶ月近くがたとうとしていますが、日に日に講座を受けさせて頂いたことが、他に代え難い私の人生に於いて重要なことであったことを、ひしひしと感じるようになっています。

講座のときに、講師の方がおっしゃったように、今素直になればいいんだなと頷いています。

夫婦の間が改善し、落ち込むことがなくなり、食事も正されてきています。

三十年間悩んでいた問題も前述のように考えることできるようにないりました。

こらからもっと真我を開き益々愛にあふれる日々を送りたいと思っています。

ありがとうございました。

 

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック