【自己嫌悪・対人恐怖症解決】体験談

自己嫌悪と不安が強くて無気力に、だが少しずつ確かに自分の変化を実感。

今田孝之(仮名)・福岡県・44歳・男性

 受講前は、自己嫌悪と不安が強く、将来に悲観的で落ち込んでおり、いつもイライラしており、無気力な生活を送っていました。

 することなすことの全てが裏目に出るというか、何をやってもうまくいかないことが殆どであり、将来もいいことはないであろうと諦めていました。

 もがけばもがくほど、深みに落ちる感覚が常につきまとっていました。

 親との関係も悪く、恨みと憎しみを抱いていました。

 そして、人目を常に気にし、世間の気に入るような仮の自分を演じようとしてきましたが、内心は世の中に対して、不平不満しか持っていませんでした。

 人間嫌いで対人恐怖症、自己嫌悪が強く、何をしても面白くありません。

 何事にも悲観的、否定的で投げやりな感じです。

 受講後は、自分の中に神がいる、自分が神だと教えていただいたことで、自分に自信を持つことが出来るようになりました。

 そして、自分に起こった不幸なできごとも、これからの自分にとってはよいことだったということを教えていただいて、全部をそう思えるまでには至りませんでしたが、納得できることはたくさん見つかりました。

 真我については、大まかには頭で理解できたように思いますが、受け入れるのは難しいとも思いました。

 しかしながら、受講後は、部分的にではありますが、確かに自分が変わったことを実感しております。

 以前ほど、イライラすることや、将来のことを考えて落ち込むことや、自分を責めることが少なくなりました。

 人を敵視すくことがあまりなくなり、自己肯定感を感じました。

 両親に対して恨みや憎しみが減りました。

 真我を開くと突然別人のようになるのかなと思っていましたが、講師の説明で、日々努力をして、向上していくものだとありましたので、今後とも、続けて行き、もっと上の次元を目指そうと決意しました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック