【喜びが一気にあふれ出た】体験談

自分を押さえ込んで苦しんでいたが、心が軽くなり喜びを表現できるように!

山中真紀 (仮名)岐阜県・36歳・女性

※下の画像をクリックすると拡大表示でご覧になれます。 自分を押さえ込んで苦しんでいたが、心が軽くなり喜びを表現できるように!

講座受講前の私は、いつも不安でいっぱいで、何かに追い立てられる様な、落ち着かない気持ちの毎日を送っていました。

それなので、仕事がうまくいけばいいのですが、少しでも思う様にならないとひどく落ち込み、先の事、将来の事を考えては不安になり、胸が苦しく

「仕事がうまくこなせない自分」「自分の気持ちもうまくコントロールできない自分」を責めてばかりで、いつの間にか「自分は、こうであらなければいけない」「自分は、こういう人間だ」「自分は人にこうゆう人間だと思われている」と自分の中で自分像を作り上げて、それに合わせる様に生き、理想に合わないと自分を責めるクセが付いていた気がします。

今回、天使の光コースを受けて、今まで私が勝手に「悪い事」と決め付けていた過去の出来事が全て、私にとって大切な神のメッセージであった事に気付かされ、私の中の「悪い事」が消えてしまったので、自分でもあまりにあっけなくて拍子抜けした感じに心が軽くなりました。

そして受講後は、身の周りで起こる全ての出来事に「意味があるんだ」と思う様になり、以前なら「悪い事」と思っていた様な事が起こっても、それ程落ち込む事もなく、メッセージを読み取ろうと考える様になりました。

そして今回、一番私の中で衝撃的だったのは、受講中「喜びの気持ちが全く沸きません」と言った私に「言葉で先に表せばいいんだよと」と先生に背中を押され、しぶしぶ「やったぁー」と両手をあげたとたんに私の中から一気に喜びがあふれ出た事でした。

その時は、すぐには、なぜそうなったのか、分からずにいたのですが、受講後にあの時の喜びの涙は、私の中にいつも喜びにあふれた真我があり、それを素直に表現できた事がとても嬉しかったのだと気づきました。

そして、今までの自分は、作り上げた偽我で喜びを表現する事も抑え込んで、苦しんでいたのだと分かったのです。

今もやはり日常の中では抑え込むクセがついていて、なかなか表現できないでいるなと自分でも思うのですが、気づいた時にはなるべく言葉と行動から表現していこうと思える様にもなり、一歩自分が成長できた様な気がしています。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック