【夫婦・家庭問題解決!】体験談

結婚して10年、夫の初めての行動に涙。。。

埼玉県・33歳・女性

 昨日、おとといと、お世話になりました。一晩あけて、色々思うことがあり、お便り致します。

 昨日、駅に迎えに来てくれた主人の事で変化がありました。

 いつも、どこかに出かけると、駅に来てくれることは、いつもと変わりませんが、「何時に駅に着くのでよろしく」とメールをしておいても、いつも5分くらいしてから駅につく主人です。

 ところが、昨日は改札の所に立って、手を振って待っていてくれたんです。

 結婚して10年、つきあいから15年ですが、本当にはじめてです、外に立って待っていてくれたのは。

 雨も降っていたし、少し寒かったのに、わざわざ車を停めて歩いて来てくれたことに、涙が出てしまいました。

 そんな復帰第一段でしたので、スタートは上々、帰って子供とお風呂に入っても、いつもより、よく話を聞いてあげられたので、うるさいほどしゃべりまくる下の子と、大笑いしながら、お風呂の中で遊びました。

 私が笑っていると、2人の子どもたちもうれしそうに笑うので、わけもなく大笑いになり、体はつらいのに、イライラせず接することができました。

 子供が寝たあと、主人と講座のことを話して、相変わらず優しいので「思う存分やってみな!次の講座の日は休むから」と言ってくれました。

 ところで、早速おためし?がやってきました。

 ずっと、キョーフの中での(中略)生活を半年おくってきたので、肩こりのようなのがひどくて眠れないので、主人がギックリ腰でかかっている整体に行こうと思い、(少しでも体を軽くして、真我生活に集中したくて)お昼ごろ行ったら、『体や心の問題じゃなく、目に見えない邪悪なモノの仕業』について、先生の考え方をこっちが聞いたわけじゃないのに、ずーっと話すのです。

 しかも、場所が移動して、お墓の隣になっていました。怖くて、途中で逃げ出したくなりました。

 でも「この先生にも教えてあげなくちゃ、本当のこと……」と、何だか急に思えてきて、冷静になれました。

 帰りの車の中で、学長のCDを聞きながら「あ、これって、カッポレかしら?」と思って、「キタキターッ」という感じです。

 ここでまた元に戻ってしまっては、あの迷ったり泣いたりした2日間が台無しだわー、と思って(中略)「ありがとうございます」など、車の中で、遠慮なしに声に出して帰ってきました。

 お試しがあったから、あったということは真我が開いている証拠!学長の言葉にウルウルするのは開いている証拠!

 帰ってきた子どもと、家中、1年ぶりにかけまわって、2段ベッドの上でじゃれあえている私も開いている証拠!と、勝手に決めつけて、体のことに目を向けるのはやめようと思って頑張っています。

 一瞬でも首の後ろの重たさと、めまいに足を引っ張られそうになると「私は開いちゃってるんだぞー!開いちゃったんだー!」などと、ふるいたたせてみたりし、子供たちが「どこが開いてるの?なに?」と見に来たりして、また大笑いしたりしています。

 まだ、何か解決したわけではないけれど、ただの勘違いかもしれないけれど、少しだけ、家の中と私の心が明るくなってきました。

 そのことを、いつまでたっても大人になりきれていない子供みたいねーと、あきれ顔なのに、優しく、いちいち対応してくれたスタッフの方々に、そして先生に勝手に報告しちゃいます。またよろしくお願いします。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック