【人間関係の悩み解決】体験談

生きている価値なしと自殺未遂、両親への深い感謝で自分に感謝!親有っての自分だった

石山久仁江(仮名)・静岡県・42歳・女性

人間関係の悩み解決体験談

真我開発を受講した理由は、今以上にもっと売上をあげたい、スタッフとの関係、家族、周囲の人々との関係を良くしたいと思ったことでした。

悩みは、店のことより、娘の友人関係でした。それにより、ケンカしたり、理解してあげれなかったりで、なんとか穏やかに過ごしたいと思っていました。

とくに大きなトラブルはなかったですが、時々言葉のキツイ娘や息子の今後を案じていました。

サンタ営業を学びはじめ、いろんなことがみえてくると、かえって「なんでこうなるの?」と理想とのギャップを受け入れられずイラだつこともしばしば。

もともとなんで自分がこの世に存在するのか?なんでこの体でこの魂なんだろうかと、もの心ついたころから考えていて答えはみるからず、いつも不満を抱えていました。

就職し、自分の夢が叶ったと思ったら現実とのギャップに苦しみ、弟の死をきっかけに自分の存在意味をまた探るようになり、生きてる価値がない人間なんだと思い込んでいました。自殺未遂。

その時祖母が近くに来てくれて、母の子供時代の話をしてくれた。

そのことで「自分は生かされているんだ!」と気づいて、生きている以上意味のある人生にしようと、第2の人生がスタートしました。

その過去を押し隠しながら、アロマに出会い、すっかり良くなったと思っていました。
独立し、いろんな方に支えられ、なんとかやってきました。
サンタ営業も学び、ずっとキライだった父に感謝ができましたが、今回参加したことで、
表面的にしか感謝できていなかったことがわかりました。

父にそっくりの自分を父を責めることで、自分自身を傷つけ、更に父の借金や母の苦労を思い、よけいに父を責め、さらに自分をいためつけていたんだと分かりました。

心の底から両親に感謝できた時、私に関ったすべての人、これから関わるであろう全ての人に感謝でき、自分自身をみとめてあげる事ができました。

2週間ほど愛にあふれていて、お客様にも「パワーがすごい出てる-」と言われましたが、体調が崩れはじめると、イライラし、やるべきことを出来ないことにもイライラし、主人にあたることもありました。

「真我がひらいたはずなのに・・・」と悩み、この用紙も書けずにいましたが、書いているうちに心がクリーンになってきました。

スイッチは明確なので、いつでもプチッと押せるよう訓練しようと思います。

真我を伝えてくれたご夫婦には言葉では言い表せないほど感謝しています。

心の学校の皆様今後ともよろしくお願いします。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック