【生んでくれてありがとう】体験談

嫌だと思った出来事は、自分がそう意味づけていたのだと知った。

葛飾希 (仮名)・奈良県・44歳・女性

嫌だと思った出来事は、自分がそう意味づけていたのだと知った。

宇宙無限力体得コース、未来内観コースと受講して、両親への感謝を感じることができた。

けれど、母親に対して、感謝の気持ちを伝えるような言動をとることができなかった。

変わったことといえば、母親の話を聞く時、以前なら、あまりにも話が長いと途中でさえぎったり、何かつい、怒らすようなことを言ってしまうことが多かったが、心を込めて話を最後まで聞こうと思って実行していた。

なので、母親を怒らすようなことは無くなったけれど、関係が良くなったとまではいかなかった。

ありがとうはよく言っていたけど、感謝の言葉、優しい言葉は、はずかしい、てれくさいという気持ちがあって、言葉にすることはできなかった。

けれど、天使の光コースを受講した後、感謝の気持ちやいたわりの言葉を伝えられるようになってきた。

天使の光コースでは、色んなものを捨てていく中で、今まで自分が嫌な出来事と思っていた事が、実は私がそう意味づけてとらわれていただけだったんだ、ということに気づくことができた。

そして、その奥の大きな愛も感じることができた。

そして、最後に皆様の前で歌ったことが更に自分にとって大きな自信になった。

常々、自分の殻を破りたいと思っていたが、人目を気にしてはずかしいという思いにしばられていたけど、あの時は、今やらなければきっとこの先も変われないんだろう、と思った。

そして、自分なりに精一杯やれたことで、これからの人生のお守りとなる経験ができた。
それがあったからだど自分では思っているのだが、母に対して“産んでくれてありがとう”とどうしても言いたくなった。

そして受講後、帰宅してから電話で伝えることができた。

母はとても喜んでくれた。

喜んでくれたことも正直びっくりした。

素直な人だなと思った。

不思議だったのは、その日は母の日だったこと。

母の日という特別な日だったから、それに後押しされて伝えることができたと思う。

この絶妙なタイミングに、天からのプレゼントだなと、本当に不思議に思った。

その後も、そのことがきっかけで、はずかしがらずに優しい言葉も言えられるようになってきた。

そして、今、今大切にしておかないと、と感じるようになった。

それから以前にも増して、家族、兄姉の愛を強く感じるようになった。

又、職場では、以前ならにがてだった場面でも、特に何も不安に思わず、自然体ですごせているように思い、以前からいつも思っていた“特別な何かがなくても、いつも心穏やかに、にこにこ暮らしたい”という思いが、現実になっているなと感じている。

それから、人からよく誘われるようになった。

そして、ここまでしてもらっていいのかしら、というようなことをして下さる人との出会いもあった。

予定が以前より多くなった。

以前に比べたら、人との距離が少し近くなったと思う。

大きな変化はないけど、小さな変化は色々ある。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック