【嫁姑問題体験談

摩訶不思議!どうしても好きになれなかった姑、心から愛おしい存在に激変!!

谷口佳子(仮名)・愛媛県・47歳・女性

 主人の母、姑の事がどうしても好きになれず、表面的には皆で旅行に行ったり、食事をしたりしていたのですが、とにかく嫌で心の中ではいつも主人の母を裁いている自分がいました。

 子供の教育の事やいろんなことを言われれば言われるほど距離をおいて、会わないようにしていました。

 主人の母のことが原因で主人と大喧嘩をしたこともあり、とにかく私にとっては一番の苦手な存在でした。

 おおらかな優しい性格で、あまり小さいことを気にしなかったり、掃除や家事も適当な主人の母は、常に完璧主義の私自身の母親と性質や価値観が全くの反対で、私の母と主人の母は元々お互いをよく思っていませんでした。

 また、私の母は昔、私の祖母(母にとっての姑)ともうまくいかず相当苦労をしていました。

 私は小さいころから、母が祖母と喧嘩をして泣いている姿をいつも近くで見て悲しい思いをしていました。

 講座中に母と祖母の関係が私と主人の母の関係にそっくりだということに気が付きました。

 また、母の努力する姿や、完璧主義のところが良いことだと無意識に思っていたので、今までその心で頑張らない人を裁いていたことに気が付きませんでした。

 自分の中で無意識に良いと思っていたことが不調和の原因だったことに本当に驚きました。

 真我を開いて、私の母と祖母も本当は深く愛し合っていたことがわかり、また、私自身も主人の母からどれだけ愛されていたかがわかりました。

 主人の母は私にとってはかけがえのない本当に大切な人だとわかりました。
 
 申し訳ない気持ちと感謝で涙が止まりませんでした。

 そして、私の母は私が本当に一番大切なことに気づくために、あんなにも頑張ってくれていたんだということにも気が付き、今まで私が捉えていた現実と全く違う本当の真実が姿が見え、言葉にならないくらい感動しました。

 受講後主人の母に対する気持ちが全く変わったと同時に、主人の母の表情や言葉も本当に変わりました。

 無意識に、気が付くといつも頭の中で流れていたCDのような主人の母を責める心がいつのまにか消えていました。

 できるだけ会いたくない嫌な存在から、本当に愛おしい存在にかわりました。

 不思議です。ありがたいです。心が本当に軽くなりました。
 
 主人の母に対する気持ちが全く変わりました。

 また、今まで整理などほとんどしなかった主人の母がいろんなものを整理したり、掃除を手伝ってほしいと言ったり様々な変化があります。

 絶対に好きになれないと思っていた人が、自分にとって一番大切な人だったと感じられると本当に力が抜け、楽に生きられるようになります。

 視野が全く変わります。不思議ですがこれほど凄いことはないと思います。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック