【仕事・人間関係問題解決!】体験談

心がクリーンになり、仕事もスムーズに進むように!

 瞑想を毎日続けるのは、習慣になるまで大変だと思います。

 しかし、した日としなかった日とでは、時間の感覚がまるで違うのです。

 しなかった日は、一日がとても慌しく感じます。

 スケジュールに追い立てられるような感じです。余裕を持って、『次は何、次は何』と整理ができません。

 行き当たリばったリで、『あれもしなければいけない、これもしなければいけない』と、気だけが急いているのです。
 
 朝、瞑想をして仕事をするようになってからは、時間に追い立てられる感覚はほとんどなくなリました。

 あまりにもスケジュールがタイトになることは多少あリますが、そういう時でも五分間ぐらい瞑想すると穏やかな気分になれます。

 仕事のスピードが速くなったわけではありません。

 気持ちに余裕ができたお陰です。心が落ちつくのです。

 この気持ちでいると、人が仕事のミスをしても腹の立つことがあリません。

 私自身も仕事の準備が余裕を持ってできます。心の準備ができて、落ち着いて人と接することができるので、大らかな気持ちでいられます。

 深く瞑想に入った時、私なリに愛が増えているのでしょう。あまリ人を傷つけるような失言もあリません。

 調子のいい時の方が私としては危ないのです。仕事がうまくいってる時、調子にのってきます。そういう時、自分の癖がワッと出てしまうことがあリます。

 とかく人に対して上から物を言ってしまいがちです。人を裁くようなことを言ってしまうこともあリます。

 リズムにのるのはいいことです。しかし、調子にのリすぎるとだんだん大きいことを言いたくなる。もっと存在価値を認めてもらいたいという気持ちになることがあリます。

 『どうだ、すごいだろう』というような気持ちが出てくると、『まずいな、これは』と思います。そして、嫌な気持ちになるのです。

 後で謝るのですが、タイムラグがあるから許してもらうのも大変です。

 そのような時、瞑想をしてから謝ると、相手に伝わリやすいようです。

 瞑想をしないで謝ると、表面的な謝罪になるらしく、伝わらないどころか逆に誤解され、余計こじれてしまうことがあリます。

 調子のいいときに少しやるとか、失敗して修正する時に五分でもいいからやっていくと、結果がまったく違うのです。

 心がクリーンになるからでしょう。

 忙しい中にあっても、いつも穏やかな気持ちで人と接することが出来ます。素直な気持ちにさせてくれるものです。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック