【使命・天命の発見】体験談

常に愛に包まれ、生かされていることや、生きる意味に気付いた。

木村桃子 (仮名)・山梨県・42歳・女性

※下の画像をクリックすると拡大表示でご覧になれます。

常に愛に包まれ、生かされていることや、生きる意味に気付いた。

前回の受講で、母への感謝の思いは沸き出てきましたが、父への思いは、不満、嫌悪の気持ちが一段と出てくるようになってきました。

その父への思いが、感謝と、愛だけになりたい。との思いで、今回受講しました。

ワークを進めているうちに、父への感謝、すべては、父の愛だったんだという体感、私は気づけなかっただけなんだ、という思いが、体の中から沸き出てきました。

続けているうちに、母に対してもやりたい。という思いが沸いてきました。

さらに続けていると、私が高校生の時、私の唯一の支えとなってくれていたお腹の赤ちゃんに対してワークをしたいという気持ちになり、私のお腹の中で、6ヶ月間も、私を支え続け、命をかけて、私に愛を注いでいてくれた彼に、私は何て愛されていたんだろう。本当にありがとう…と、体の中から感じる体感する事ができました。

今まで頭で学んできて、頭の中では、理解し、彼に感謝し、和解していたつもりでいましたが、この受講で、私は本当に、愛に包まれて生きていたんだ、生かされていたのだ、という事を、”体感”する事ができました。

本当に軽やかな自分になってきています。

手相に興味のない私ですが、受講後、手相が変わってきている事には気づきました。

私は、この真我の道、一本で生きてゆく事、自分自身をどこまでも高めてゆく事が、私の生まれてきた目的だったと気づかせていただけて、本当に、生きている事の意味、目的を知る事、体感する事ができました。

実生活に生かしてこそ、そのために、肉体を持たせていただいている。その事が、体感を通して、確信になってゆくのを感じました。

ありがとうございます。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック