【父母の絆が強まった】体験談

夫婦の会話がなかった父母の絆が強まり、同居を提案された!

佐藤正則(仮名)・岐阜県・37歳・男性

※下の画像をクリックすると拡大表示でご覧になれます。

夫婦の会話がなかった父母の絆が強まり、同居を提案された

受講前は、仕事の仲間に話を合わせて話していたことがあった。
でも、自分から積極的には話に行けず、どうしたらワイワイとやっていけるんだろうと
悩んでいました。

また、父と母は別居中で年齢的に別れることは、ないだろうと思っていたが
ここ数年、父と母が話しているのを見たことがないという程だった。

受講後、10日たった日、高熱を出し私は仕事を2日間休むことになったが
ちょうどその日、母から連絡があり、父がガンなんだと知らされました。

その後、急転回。母から父のようだいについての連絡が入るようになり
母は仕事を中断して、父につきそったりしていることが分かりました。

母はリーダーをしていて、いつも仕事だと言い、家とは関わらないように
していたのに、つきそっていることにビックリしました。

それから数日後、アパートに住んでいる私と妻に今、父の住んでいる家に
住まないかと母から話がありました。

よくよく聞いてみると、父と話し合ってそう提案してみようという話の流れで
私には父と母が話合うこと。そして意見を一致させることができたことに驚きました。

別居中の父と母が、話し合いをすることは私にとって大きな変化でした。
そして私自身は、父がガンになったことによって覚悟ができたのか分かりませんが
仕事で仲間に無理して話を合わせなくなりました。
仕事、辞めさせられてもいいし、嫌われてもいいやと思うようになってきたのです。

仕事の仲間がワイワイと話しているのは、うらやましいとか思う気持ちは
まだありますが、無理をしてまで合わせようとか思いません。
その結果、一人になってしまっても別にいいやと思っています。

まだ、課題は残されていますが、とりあえず現段階での受講後の変化をお伝えして
おきます。ありがとうございました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック