【心の問題解決!】体験談

劣等感・罪悪感で自殺未遂と失踪の繰り返し、今ハッキリと明るい将来が見えた!

27歳

 前略

 僕は小学生の頃から劣等感と罪悪感がいつもそばにいて、自殺未遂や失踪を繰り返してきました。正直『親さえも……』と思ってきました。

 『いつもいい人でいなければ』とにかくそれが頭から離れませんでした。(中略)

 研修を終えてから、親にたいするわだかまりが少しずつ消えていきました。

 今思うことは、僕が『自分のことを誰よりも憎んでいた』ということでした。

 これから、自分のことを可愛がってやりたい気持ちがわいてきました。

 以前は、成功プログラム・宗教の本・精神世界の本……とにかく買い漁りました。

 しかし、まずます家族や友人、社会から離れていってしまう状況で、自分が壊れていく感覚でした。

 今年の二月に思い切って就職しましたが、失踪してしまうありさまでした。

 戻ってきても現実が受け止められずに、周りに迷惑をかけていると思いながらも、結局自分の身を守ることに必死でした。(中略)

 研修後は、本当によく泣きました。

 小さい子どもたちを見て泣き、山を見て泣き、テレビを見て泣き、父の声を聞いて泣き……今は泣くことはあまりないですが、時よりジーンとなります。

 二七歳という年齢ですが、本当に幼い感じがしますが、それでも今は死にたいして逃避することも徐々に減ってきました。生まれてから、はじめてのように、今将来というものを見ています。今までは過去しか見えなかったんです。恐いくらい。

 何を書いているか本人がわかっていませんので、読んでいる方に申し訳ありませんが、本当にありがとうございます。とにかく毎日続けてみます。

 また何か発見したら、書いてみようと思います」

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック