【人生の目標・自己の成長】体験談

価値観が自分を苦しめていたが、人間的成長が人生の目標であると実感!!!

武田恵 (仮名)・東京都・女性

価値観が自分を苦しめていたが、人間的成長が人生の目標であると実感今回受講してみて、今までの自分は、行動する前に心の抵抗か
頭の思考が立ちふさがっていることが多かったと気づきました。

そして、今までの価値観が自分を苦しめていたのではないかと思いました。

それがわかると、とても窮屈な感じがしてきたので、これまでの習慣を
いくつか変えることにしました。

また、行動から、認識の変化や物事の捉え方を変えることはとても難しいと
思いました。

観念が変わらないと行動が変わらず、現実が変わらないからです。

物事だけでなく”自分自身をどう捉えるか”"何を信じているのか”ということが、
自分自身に影響を与えているのだとわかりました。

私は気づいたことをノートにメモしているのですが、
ある日「”何をするか”よりも”どんな人間になるか”の方が大事だ」と、
とても力強い字で書きなぐっていたことがあり、とても驚きました。

まるで自分が書いたものではなく、誰か(何か)に書かされているように
感じたからです。

これを見て、”本当の目的は、自己の成長、どんな人間になるか”である、
人間的に成長することが人生の目標であって、仕事はその手段にすぎない
ということなのだと、ふと、思いました。

受講前、私は自分のセルフイメージが低いことに気づいたのですが、
自分をどう捉えるのかという観点から見れば、解決できることがわかりました。

また、真我の道における目標や目標設定について、どう捉えたらいいのか
わからなくなっていましたが、成功哲学や自己啓発の分野での目標の立て方は、
心の分野では合わないと思いました。

日常生活の中で真我の道を歩んでいくには、自分の意識が今、
どこに向いているのかに注意を払うことが大事だとわかりました。
 
先生、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック