【不登校・引きこもり】体験談

ひきこもりの私が、元気に外出できた!

倉持希美 (仮名)・秋田県・23才・女性

ひきこもりの私が、元気に外出できた

「天使の光」の講座が終わってケータイの電源を入れました。

今までは家族からの着信やメールだけでした。

けど今回受信メールを見たら友達から「遊びに行かない?」とメールが入っていました。
私は今まで学校以外で、友達との交流を断ってきました。

不登校で家にしばらくこもっていたので外出することが怖かったのです。

なので誘ってくれても怖さが勝って全部断っていました。

けれど今回メールが来た時、チャンスだと思いました。

受講して帰って来る度に私自身、元気になっていくからです。

まだ講座を終えて何時間と経ってはいませんでしたが、前回よりパワーアップした事を信じて、初めて「会って遊ぼう!」という返事をして、会うことになりました。

当日は、異常に緊張して途中で体調を崩し早々と終わりましたが、大きく一歩進めたと思います。

「行けない。怖い。」と言ってた受講前の私からは「不安はあるけど行ってみよう・・・行けた」

受講後の私は想像出来ませんでした。

そして、行けた私を家族が親戚に報告すると、ふだん辛口でお世辞を言わない叔父さんやいちこが「すごい。よく行けたな」と私の変化、成長を喜んでくれました。

家族も駅まで送り迎えをして協力してくれて、一人で進んで外出できた事を喜んでくれました。

自分で変われた事も嬉しかったですが、周りの人が私が元気になってきて活動出来たのを喜んでくれたのを見て、「愛されている」事実に気づけたのも、すごく良かったです。

2つ目の変化は、これまで母を通してしか父にお願いをしたり自分の意見を言えていなかったけど、初めて直接お願い出来た事です。

手紙を書いて父の前で私の声で読み、気持ちを伝えることができました。

手紙の中の言葉づかいを母に相談しても「自分で考えて、そのまま伝えてみなさい。」と、その環境を作ってくれたサポートもあって、緊張しながら伝えることができて良かったです。

3つ目の変化は、朝でもお腹がすくようになって朝食の時間が早くなったことです。

以前は食べておかないと、もたないから食べていたり、食べてもヨーグルトだけ・スープだけの朝食が多かったけど受講後は自然に食べてたら、パンやパスタなどが食べれるようになっていて嬉しかったです。

朝にしっかり食べれるようになったら少し朝を元気に過ごせるようになって止まっていた体が動き始めた様で気分が良く過ごせています。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック