【人間関係改善】体験談

キッチンドリンカー寸前の最悪人間関係、みんな別人のような仲良しに!!

谷口佳子(仮名)・愛媛県・47歳・女性

 人間関係のストレスから心がいつも不安定で、ひどい時には朝起きると手が震えて化粧もできず子供の幼稚園の見送りにもいけない状態でした。

 毎晩寝る前には甘いものを食べなと落ち着かず、子供たちが寝るとチョコレートやお菓子をお腹もすいていないのに大量に食べていました。

 夕方にはお酒を飲まないと家事ができず、キッチンではいつもこっそりお酒を飲んで気を紛らわす毎日でした。

そんな中、雑誌の広告をみて真我開発講座を受講することにしました。

 講座中に、小さいころから何故か誰からも自分は愛されていないと強く思っていたことに気が付きました。

 また、さみしい自分を満たすために常にお腹もすいていないのに甘いものがやめられなかったこと、人間関係のもとは両親との関係にあったことがわかりました。

 本当は両親からとても愛されていたこと、主人をはじめ周りの人たちからもずっと愛されていたことに気が付き本当に感動しました。

 受講後、近所の主婦仲間でのトラブルの原因がちょっとした誤解だったということが直ぐにわかり、ストレスのもとだった人間関係が一変しました。

 苦手だった隣の奥さんも受講後、次の日に別人のように表情が変わっていて、とても不思議だったのですが、その時から親友のように仲良くなりました。

 意識してやめようとしたわけでもないのに、気が付くと甘いものも夕方のお酒も要らなくなっていました。

 ストレスがなくなったからだと思います。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック