【悩み解決】体験談

どんなことも一生懸命、命懸けでやると不安・動揺はなくなる!

鳥谷理恵子 (仮名)・山形・62歳・女性

※下の画像をクリックすると拡大表示でご覧になれます。

どんなことも一生懸命、命懸けでやると不安・動揺はなくなる

受講後の変化を書こうと思いながら、なかなか書けずに何日も過ぎてしまったのですが、
村上和雄さんも受講なさったというお話をお聞きしたので、10数年前に読んだ
「生命の暗号」「人生の暗号」をもう一度ひっぱり出して読んでみました。

読んでいるうちに、私を支えてくれた亡き夫や両親や姉、
意識の高みに導いてくださった
「心の学校」佐藤学長はじめスタッフの方々、
そしてたくさんの教訓を教えてくれた、たくさんの本との出会いがあったからこそ
今の自分がいることがわかりました。

いろいろな形で先代が導いてくれていたのだということが
はっきりしてきました。

後継者となると、私の身近な人は亡くなり、子供もいないので他の誰かになるのでしょうが。

表現することの難しさ、
行動に表わす難しさに直面しているところです。

良かれと思ってやったことでも、
ありがとう!と言ってくれる人、反応のない人、気分を害する人などいろいろな人がいて、
私の心が揺れてしまうこともしばしばあります。

この事から学んだことは、

どんな事も一生けんめい
命がけでやらなくてはいけないということでした。

命がけでやると
不安や動揺はなくなるということがわかりました。

いつもいつも本気度が試されている気がしています。

途中で息切れをしてしまうこともあります。

とにかく、真我を継承して行くことの大切さをさらに痛感致しました。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック