【心の問題解決!】体験談

お金が無くても、人生を味わえるように!

京都府・32歳・女性

 真我瞑想を受講し、1ヶ月が過ぎました。

 時間がとれず、5~30分/日とまちまちですが、1日1回は必ず行うようにしています。

 2週間目に入った頃から、子供がとても愛しく思えるようになりました。(中略)

 何か子供のためにしてあげたいのですが、お金もなく、どこにも連れていってあげられないのがつらいと感じていました。ある時、遊園地の券を頂いたので、子供を連れて遊びに行きました。(中略)

 本当に喜んでくれて嬉しかったです。

 次の日、子供が「どこかに連れていって」と言いましたが、お財布に中は190円しかなくて、どこにも連れていってあげることができません。

 仕方ないので、少し離れた公園へ歩いて行くことにしました。(中略)

 雨あがりの為か、山の緑が美しく、田畑の葉がキラキラ輝いていて、本当に素晴らしい景色が広がっていて、うれしくなりました。

 公園に着き、子供と思いっきり遊びました。(中略)

 私は子供に帰ったように、自分の子供と遊んでいました。本当に楽しくて楽しくて、しょうがないといった感じでした。

 その時、私は気づきました。お金が有っても無くても、全ては変わらず愛があり、楽しめることを知りました。

 出会う人出会う物、出来事の全ては、私達を見守ってくれていて、温かい言葉や関わりを持ってくれている。

 生かして頂いているということを、身にしみて実感しています。(中略)

 人生を味わうという意味が少しわかったような気がします。

 子供に関しても、家に帰ってから話すのは公園のことばかりで、昨日遊園地へ行った話しは、まったく話しに出てきませんでした。

 子供にしてみれば、私と一緒に思いっきり遊びたかっただけで、どこか違う特別な所へ行きたかったわけではなかったと気づきました。

 考えてみれば、どこか「物を与えると喜ぶ」みたいな考えが定着していたように思います。

 お金がない状況だったからこそ、気づけたのだと思います。(中略)

 「お金が無い=死」ではないことを私は身を持って経験しました。

 怖いのは「お金が無い=心の死」だと思えます。(中略)

 このような心境になるとは、正直驚いています。

 一部分ですが、これが私の1ヶ月の変化です。(中略)

 うすっぺらい人生と思っていましたが、真我に出会い、問題をひとつひとつクリアしていく中、人生というものに深み、広がりができたように感じられるようになりました。(中略)

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック