【夫婦関係改善・不登校解決】体験談

家庭内別居、息子の不登校・・すべて解決、奇跡のような人生に!!

谷口佳子(仮名)・愛媛県・47歳・女性

 真我に出会う前、主人とは気持ちが完全に離れた状態で、家の中でもほとんど会話もなくいわゆる家庭内別居状態でした。

 主人は仕事や付き合いで家にいることも少なく、私はいつも子供達と過ごしていましたが、二人の子供達の為にも離婚には踏み切れず、しかし、冷めきった夫婦関係にさみしさを感じていました。

 もともと、恋愛で結婚し主人はとても優しく穏やかな性格なのに、いつからか、何故か一緒にいると吐き気がするほど嫌になり、出張で何日も家に帰れない時は内心ほっとしていました。

 しかし、当時は夫婦関係をどうにかしたいというよりは、結婚して何年も経つと仕方ないのかと半ばあきらめていたところもありました。

 当時、主人との冷めきった状態を普通だと感じていたので、それを変えようとも思っていなかったのですが、子供たちが学校でいじめにあったり、不登校になったりして子供の問題をどうにかしたいという思いでいたところ、たまたま見つけたPHPの雑誌の広告で真我を知りました

 子供の事を何とかしたいと思って受講したのですが、講座中、主人との夫婦関係が子供に影響をしているということがはっきりと分かりました。

 子供はただただ気付かせるために教えてくれていたんだと感じました。

 そして、更に主人とのことを掘っていくと、私が主人とうまくいかない理由が見えてきました。

 それは、私自身が自分の父親に対して大きなトラウマがあり、ずっと父を嫌っていたので、私は無意識に父への仕返しを主人にしていたんだということ。

 父へのトラウマというのは、幼少のころ父から性的ないたずらをされた事です。

 思春期に入ってからは、父とは同じ部屋にいるだけでも嫌で、ほとんど会話することもなく、とにかく父のすべてを否定していました。
 
 そんな、様々な過去の記憶が次々と講座中に蘇ってきました。

 真我が開き、本当の自分に目覚めた時、あんなに何十年も憎んで嫌っていた父に対して、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちで一杯になりました。

 父から自分がどれだけ愛されていたかということを心の底から感じることができました。

 主人に対しても申し訳ない気持ちでいっぱいになり、主人の優しさや、ずっと私の事を本当は愛してくれていたこと、そして、主人とは魂で強く結びついているソウルメイトだということがはっきりとわかりました。

 自分が完全に満たされた感じがしました。

 受講後父に会い、今まで言ったことのない感謝の気持ちを涙ながらに伝えました。

 父は少し戸惑った様子でしたが、母はそれを見て泣いて喜んでくれていました。

 その直後に父の高かった血糖値が急に下がり、糖尿病が治ってしまいました。

 主人に対しては、いつも責めたくなる気持ちや嫌悪感があったのですが、それが不思議にと消え、とにかく感謝がわいてきます。

 一緒にいるだけで嬉しくなります。

 私にとって、こんな心の変化は奇跡のようです。

 また、子供達の変化もとても大きいです。

 いじめや不登校で悩んでいたのがウソのように、今は自分のやりたいことをそれぞれが見つけ、沢山の仲間にも恵まれ本当に人生を楽しんでいます。

 長男は不思議なくらいに有り難い出会いがあり、沢山のチャンスに恵まれ、自分のやりたいことに熱中しています。

 娘も明るく伸び伸びと学校生活を楽しんでいます。

 私が本当の自分、真我に出会っていなかったら、子供達や家族はどうなっていたんだろうと思うと本当に考えられません。

 真我に出会う前と今では全く別の人生のような変化です。

薬のみに頼らない最新のうつ病治療
東京日本橋の心療内科 YSこころのクリニック